ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

なでしこJAPANに澤は必要でしょ!?「澤穂希」伝説!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


なでしこジャパンの佐々木則夫監督は、3月4日からポルトガルで開催されるアルガルベカップに臨む代表22人のなかに澤穂希を招集しなかった。6月にカナダで開催される女子ワールドカップへ向けて、女子サッカー界のレジェンド、澤穂希が最終的に代表に召集されるのか?されないのか?注目が集まっている。そこで、澤穂希について、ちょっと調べてみた。

Wikipediaによると・・・澤 穂希(さわ ほまれ、1978年9月6日 – )は、東京都府中市出身の女子サッカー選手。日本女子サッカーリーグ・INAC神戸レオネッサ所属。ポジションはミッドフィールダー。主にセンターハーフを務めることが多い。アジア人史上初の「FIFA最優秀選手賞」受賞者で、日本女子代表では歴代トップの出場数とゴール数を記録している。


●後輩にはあれこれ言わず、プレーで教える2011年7月、女子W杯サッカーで見事優勝に輝いた、なでしこジャパン。しかし、勝てばW杯、負ければ不出場という、アジア大会の中国戦、海外組と、若手中心の国内組とのコンビネーションが合わず、なでしこは崖っぷちに立たされていた。しかも会場は中国。しかし、そのピンチを救ったのは澤選手宮間からのFKを倒れるようにバックヘッドで流し込み、最終的に2-0で勝利した。日頃、意外にも妹キャラで、後輩にあれこれ言葉では言わないタイプ。その試合を通じて、若手プレイヤーを牽引した。そして、試合後は人目もはばからず泣き「この修羅場を体験し、若手もサッカーは戦いなんだということがわかったと思う。この経験を若手が積めたことが嬉しい。これでW杯が戦える!」(2011.8.4「アサヒ芸能」)
●帰りたくなるから・・・と電話はやめ、1人で走っていた1999年、澤は20歳の時に単身渡米し、コロラドで女リーグに入った。代理人や通訳などおらず、契約書も1人で辞書で調べながら書いたという。大変なホームシックにかかり、日本に帰りたいと思ったこともあたっという。お母さんに電話をしたら、きっと泣きだして帰りたいと言ってしまう・・・だから澤選手は絶対に電話をかけなかった。その寂しさを紛らわすために、ずっと1人で走っていたという。このように、澤選手は、どんな逆境でも乗り越える精神力をアメリカ時代に身につけた。(2011.8.9「女性自身」)
●“気配りの澤”のエピソード試合のイメージとは違って、とても気配り上手な女性。記者も参加するような食事会では、お皿を下げたり、参加者のドリンクを注文したり、自ら率先してやる。それも当たり前のように。また、出張の多いスポーツライターの女性に、「せめてホテルで体を休めてください」と、わざわざリラックスグッズをプレゼントしてくれたことも。(スポーツライター:増島みどり談)(2011.8.9「女性自身」)
●少年サッカー時代の逸話地元の名門“府ロク少年サッカーチーム”在籍していた澤選手。当時からガンガン点を獲っており、監督も女の子でありながらエースと認めていた。それを、他のチームの監督に話すと、その監督は、「飛びぬけてうまい男の子はいたけど、女の子は探せなかった」といったという。(2011.8.9「女性自身」)
●レスリングの吉田選手に勝った!?澤選手は、女子レスリングの吉田沙保里選手とも親しい。以前、力比べで相撲のように押し合いっこをしたとき、澤選手は、吉田選手を寄り切ったこともあったという。これには吉田選手も苦笑いをしていたとか。(2011.8.9「女性自身」)
●澤のバスミス・・・「点をとるから許して」2011年7月13日(日本時間14日)、FIFA女子W杯、準々決勝で開催国ドイツを破り準決勝にコマを進めた日本は、高さで圧倒的に勝るスウェーデンと対戦。前半9分、澤のパスミスで、スウェーデンのウクビストのにゴールを決められてしまう。その後、川澄選手によって、前半を1-1で折り返しハーフタイムへ。その際、澤はチームメイトの前で、失点のミスを謝罪したという。「ミスした分、点を取るから許して」その際、チームの中では「諦めるな」と改めて声を出し合い、岩清水選手は、「やってくれると思っていた」と語る。そして後半開始15分。澤選手は、キーパーが一度はじいたボールを、執念のヘディングで逆転。自らの言葉を現実のものとした。(BS1「激闘120分~なでしこジャパン成長の軌跡~」
●ポスト ルーシー・リュー!?「とにかく外国人からモテますね。ある企画で世界の美人サッカー選手特集組んだとき、米国人記者の友人から『何でお前の国の“サワ・ホマレ”が入っていないんだ?彼女こそアジアンビューティじゃないか!』とクレームが入りました。何でも『チャーリーズエンジェル』の主演の1人、ルーシー・リューを彷彿とさせ、米国内でも彼女のファンが多いというんです。」(スポーツ記者)また、2008年の北京五輪では、スタンドで女子サッカーを観戦していたアルゼンチン代表選手たちが、澤にラブコールを送っていたという。澤自身も、「外国人によくモテる」と自分でも話しているという。(テレビ局関係者)(2011.8.4「アサヒ芸能」)
●あまりの人気ぶりでボディーガードもW杯で優勝してから、周りの環境も急展開した。ファンサービスの途中に腕を無理矢理引っ張る人が現れたり、澤の自宅まで来てしまうこともあった。サイン待ちのファンが、規制のために張られていたロープやコーンを踏み倒して殺到することもあったという。それで、澤はオートロックの付いたマンションに引越し、ボディーガード役の付き人に車で送迎してもらうようになった。監督から“変装指令”も出ているのだという。(INAC関係者)(2011.9.15「週間文春」)
●穂希の由来。あだ名は“ホキちゃん”「今になってみると、あの子にあった名前だと思います。違う名前だったら、全然違うイメージになっていたでしょうね」澤穂希の自著『ほまれ~なでしこジャパン・エースのあゆみ』の中で、母・満壽子(まいこ)さんは、そう語っている。『穂希』という名前の由来は「その年がお米が不作だったから、お米がいっぱい採れますようにっていう願いを込めて、お父さんが考えたもの」で、子供のころは『ホキちゃん』と呼ばれることも多かったそうだ。(2011.7.17「サッカーキング」)

(written by けいぼう)

【Nicheee!編集部のイチオシ】祝!48歳の誕生日!キングカズ伝説!
背番号16のユニフォームをクラブが大切に保管している理由は?
サッカーで10点満点の評価をされたゴールキーパーのプレーとは?

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP