ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「見殺しになんて、できなかった」30人以上の捨て子を育てた、女性の人生に心が温まる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「彼らはみな、尊い人の命なのです」

中国の浙江省に住む高齢の女性の歩んできた人生が、世界中で感動を呼んでいる。

楼小英(ロウ・シャオイン)さん。これまでに30人以上の捨て子を拾い、育て上げてきた。彼女自身も決して裕福な暮らしをしているわけではない。街中のゴミを拾い、リサイクルすることで生計を立てている。

※画像はイメージです

「ゴミ拾いに出かけたときに、小さな女の子を見つけたところから全てが始まりました。1972年のことでした。彼女は道端のゴミの中に横たわっていました。捨てられていたのです。私たちが連れて帰らなければ、死んでしまっていたでしょう」

楼さんはその後も30人以上の子供を保護し、実の子供と同じように愛情を注いだ。

「最初は弱っていた子が次第に元気になっていって、すくすくと育っていく姿を見るのは本当に幸せでした。そして、私は子供の面倒を見るのが本当に好きなんだと気付いたんです」

楼さんはなんと、82歳の時にも彼女の一番下の子となる男の子、麒麟くんを保護している。

「自分がすでに高齢だということはわかっていました。けれど、彼をゴミの中にそのままにして、見殺しにするなんてできませんでした。とても可愛らしい子で、私たちの力を必要としていたの。ただただ、連れて帰らなくてはという想いでした」

なんとか
学校へ通わせてあげたい

楼さんは88歳となった2012年、腎不全のために入院生活を送っていた。彼女の唯一の願いは、まだ幼い麒麟君をなんとか学校に行かせてやりたい、というもの。

彼女の物語が中国のニュースで報道されると、瞬く間に人々の心を打ち、入院費を援助する募金サイトが立ち上がった。また、戸籍や学費の問題などで小学校への進学が難しいと見られていた麒麟君には、楼さんの地元の小学校から補助金付きで入学を認める旨のオファーがあったという。

「子供達は、愛情と、面倒を見てくれる人を必要としているのです。彼らはみな、尊い人の命なのです。どうしてあんなにか弱い赤ん坊を道端に置き去りにできるのでしょうか」

楼さんの子供たちに対するまっすぐな気持ちが、胸に刺さる。

Reference:Daily mail

 

関連記事リンク(外部サイト)

世界最高のダンスパフォーマンスに込められた、意外なメッセージとは・・・
iCloudの利用規約に隠されたメッセージ。いつもちゃんと読んでいますか?
【衝撃の写真】30年で「モンゴルの砂漠化」が、いかに深刻化しているか

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP