ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

道路でじゃれる犬を見て「蹴りたくなる」犬アレルギー主婦も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 北海道白老町で昨年2月、リードを放された土佐犬が海岸を散歩中の主婦を襲い転倒させ、溺死させる事件が起きた。夫ら遺族は土佐犬の飼い主に損害賠償を求め裁判を起こし、今年2月6日に飼い主には慰謝料など6300万円の支払いが命じられた。ペットを飼う人が増加を続ける今、軽はずみな行動がきっかけであなたが“トラブルの加害者”になる可能性がある。

 増加するペット入店可の飲食店に「NO」を突きつけたいのは、東京郊外に住む主婦Aさん(43才)だ。犬アレルギーのAさんは外出時にマスクが手放せない。

「家から駅までの間にペット可のカフェがあって、いつも近所の主婦たちがテラス席で犬を連れてお茶をしています。リードでつないでいるといっても、道路まで飛び出してじゃれ合っている。通行の邪魔だし、アレルギー反応でくしゃみが止まらなくなります。

 以前、ペット可のカフェに入ってしまったときもアレルギーだから席を離してほしいと伝えたところ、『当店はペット可の店ですから』とにべもない態度。ペット連れの客はテーブルに犬を乗せてやりたい放題。いくらペット可といってもマナーがあるのではないでしょうか。犬に罪はありませんが、たまに道路でじゃれている犬たちを蹴り飛ばしたくなるんです」

 たばこは分煙か禁煙かどちらかが多いが、ペットに関しては禁止か全面OKが多い。席が分けられていないのはペットが苦手な人にとっては苦痛だ。

※女性セブン2015年3月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
遺伝するアレルギー体質 しかし親と子で違う症状の場合も
飼い主が準備するペット信託 余命10年の犬で預託金約230万
家に2匹以上のペットがいるとアレルギーなりにくいとの報告

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP