ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【自転車乗り注目】万一に備えよう!ヘッドライト機能も付いた自転車用車載カメラ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

寒さが日に日に緩んできているところもあるようだ。暖かくなるにつれ、自転車で外出したり、通勤する人も増えてくるかもしれない。都市部や幹線道路を走行する際、自転車が自動車と併走するような危険なシーンもあり、事故につながってしまうこともある。万が一の事故時のため、さまざまな自転車用カメラツールが登場しているが、「Fly12」もそんな1つ。

自転車用車載カメラ「Fly6」がパワーアップ

以前にローンチされた「Fly6」の改良バージョンで、「Fly6」は自転車の後ろ側に設置するカメラだったのに対し、「Fly12」は前側に設置するタイプに変更された。さらに、車載カメラだけでなく、ヘッドライトにもなるという優れものである。

1080pのHDカメラ、ヘッドライト機能も

「Fly12」には、1080ピクセルのHDカメラが内蔵されていて、130度のワイドアングルレンズで動画を撮影できる。撮影動画は16ギガバイトのSDカードに記録される。ありがたいことに、自動でループして上書きして記録する仕様になっているので、メモリーカードの容量がいっぱいまで記録されたため、その後の映像がまったく記録されない、という事態を回避できそうだ。

また、ライトとしても使えるこのデバイス。最大400ルーメンの明るさのライトを点灯できる。フラッシュするモードに変更もできるので、夜間に自動車ドライバーに存在を知らせるために役立ってくれる。

Wi-Fi、Bluetooth接続も可能

このデバイスは、5200mAhのリチウムイオンバッテリーで動作するようになっていて、USBを通じて充電がおこなえる。カメラ機能のみの使用で、およそ10時間の連続使用が可能。BluetoothやWi-Fi通信機能も搭載されており、手元のスマートフォンやタブレットで、これまでの記録を閲覧したり、ソーシャルメディアでシェアすることもできるという。

さらに、重さはわずか209グラムという軽量設計もうれしい。ウォータープルーフ仕様になっているので、雨の日も安心して使える。

すでに目標額の2倍の投資資金を集める

現在、資金調達プラットフォームKickstarterでキャンペーンを開催中で、目標額の2倍超の59万オーストラリアドルを超える金額を集めている。早期予約特典として、市場販売予価のおよそ半額になるので、興味がある人はチェックしてみては。

Fly12

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP