ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

独断と私情を交えて選ぶ ブライアン・イーノの安眠ソング5選

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

(画像提供元:http://www.photo-ac.com/)

史上もっとも偉大な安眠ソング。おクスリやお酒に頼らず、健康的な眠りに誘う瞑想的な曲を、独断と偏見でセレクトしました。

第5位

Brian Eno:Discreet Music

瞑想的な気持ちになるには、アンビエント・ミュージックが最適かもしれません。Discreet Musicは、1975年に発表されたアンビエント・ミュージックの産声として、歴史的にも重要な作品です。その後、アンビエントはエレクトリカや音響系など、様々なジャンルに進化を遂げてゆきます。

単調なフレーズの繰り返しが、30分にもわたって繰り返されます。しかし、この「繰り返し」は同じではありません。繰り返されるテープエコーは、回数を重ねるごとに音質が劣化してゆきます。独特の温かいサウンド。穏やかなの海原、大地を撫でる春の風のような幸福に満ちた世界に聞こえます。「劣化」、もしくは歳を重ねることも良いものです。


参考URL:https://www.youtube.com/watch?v=LOpRj927vRc

第4位

Brian Eno & Harold Budd:An arc of doves

即興的に弾かれる生ピアノとのコラボレーション。この曲は、ラジオなどでも、コメンテーターの背後で流れるBGMとして使われているのを聴いたことがあります。大地を駆け抜ける午後の風のよう。爽やかなサウンドです。

ブライアン・イーノは、U2やデビット・ボウイなど多くのアーティストとコラボレーションをしています。ピアニストのハロルド・パッドとも、アンビエント形式の優れたアルバムをいくつか発表しています。


参考URL:https://www.youtube.com/watch?v=eJOtktgAtjE

第3位

Brian Eno & Harold Budd:Late October

全体を包む深いリバーブ音は、深い山奥を思わせせます。肉付されたシンセサイザーは余韻のようだったり、鳥の鳴き声のようだったり……。迷い混んだ森のなかで、湖の前に立ち、飛び立つ鳥たちを眺めているような気持ちになれるかも。


参考URL:https://www.youtube.com/embed/y93cXtTjU9o

第2位

Brian Eno:Music for Airports

Music for Airportsは、直訳すれば「空港のための音楽」。ライナノートによれば、実際に「ニューヨークのラガーディア空港のマリン・ターミナルにしばらくのあいだ流れていた」そうです。会話の邪魔にならない音域で、会話のテンポと被らないリズム。ピアノは、ソフトマシーンのドラマーだったロバート・ワイアット。間を意識した、禅的で瞑想的な音世界。


参考URL:https://www.youtube.com/watch?v=d81G9W8pEno

第1位

Brian Eno:An Ending (Ascent)

NASAの要請で制作されたアポロ計画のドキュメンタリー映画「For All Mankind」のために作曲されました。映画中では、月面に立った飛行士たちが、地球へ“帰還”しようとするシーンで使用されています。月では頭上に、“地球”が浮かんでいる光景です。Ascentは「上昇」「昇天」という意味。“月では、天に昇った先に、この地球がある”というのも不思議です。

オルガン風の音を重厚に重ねられたサウンドは、神聖的です。おそらくは、イーノ屈指の名曲の1つ。


参考URL:https://www.youtube.com/watch?v=hMXaE9NtQgg

安眠ソングは、ぜんぶブライアン・イーノ

私はブライアン・イーノの大ファンです。14歳の頃から大好きなので、かれこれ30年以上、ブライアン・イーノの音楽を毎日聴いています。まさかヘアスタイルまで、ブライアン・イーノに似てしまうことなど、14歳当時の私に想像できましたでしょうか。

※この記事はガジェ通ウェブライターの「木村 邦彦」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP