ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本非公開!「AirAsia ASEAN Pass(エアアジア・アセアンパス)」の使い方

DATE:
  • ガジェット通信を≫

TRiPORTライターのyokoです。
LCC(格安航空会社)が日本に就航して数年。以前より、旅行でLCCを使う人も多くなってきたと思います。

LCCの1つであるエアアジア(AirAsia)は、2015年1月より新たなタイプの航空券、
AirAsia ASEAN Pass(エアアジア・アセアンパス)」を発売しました。

まだ日本語公式サイトではこの情報は公開されていないので(※2015年2月時点)、一部の“旅ツウ”の方しか知らないことかもしれません。今回は、この「AirAsia ASEAN Pass」についてご紹介します。

回数券タイプの航空券


10か国を旅するのにお得な回数券タイプの航空券(パス)
ASEAN域内を結ぶ137路線が対象です。(日本経済新聞より)

マレーシア インドネシア シンガポール タイ ブルネイ
カンボジア フィリピン ラオス ミャンマー ベトナム

 

片道の飛行時間2時間未満を「1クレジット」、2時間以上を「3クレジット」として計算します。

30日間有効10クレジットタイプ
…499リンギット(マレーシアの通貨単位)=約1万6000円
60日間有効20クレジットタイプ
…888リンギット=約2万9000円
(※1リンギット=33円で計算)

実際に計算してみると、行く場所によっては1万円以上安くなる場合もありました。
うまく活用すれば、かなりお得に周遊できそうです。

ただ、おさえておくべきポイントもあります。

知っておきたい注意点

同一区間を2回行くことはできない(往復もNG)】
クアラルンプール → ホーチミン → バンコク → シンガポール → ジャカルタ → クアラルンプール
×クアラルンプール → シンガポール → クアラルンプール → シンガポール → クアラルンプール

・空港使用料や座席指定料金などは別途必要
・パス自体の有効期限は購入してから1年間
・搭乗14日前までに航空券に交換して利用
・日本~クアラルンプールなどの長距離飛行には使用不可

同一区間を1回しか行くことができないので、往復することもできません。それが最も注意すべきポイントです。

旅のヒント

この10か国をお得に周遊できるようになると、具体的にはどこへ行くことができるのでしょうか。各国に関する情報、有名スポットや世界遺産、地名などをご紹介します。

マレーシア:首都クアラルンプール
ペトロナス・ツインタワー、ペナン島、ランカウイ、コタキナバル
旅行記:Yongbo Seo「初めてのマレーシア旅行

インドネシア:首都ジャカルタ
バリ島、ジャワ島、寺院
旅行記:Jun「インドネシア ジャカルタ 週末弾丸旅行

シンガポール:首都シンガポール
マリーナ・ベイ・サンズ、ナイトサファリ、USS
旅行記:田島知華(たじはる) 「【必見!シンガポールの見所】世界一快適な空港に空中プールに美しい島!

タイ:首都バンコク
プーケット島、アユタヤ、王宮
旅行記:Hideaki Matsumoto 「ナミタビ 満員電車で思い出し泣きした40日間の旅(タイ(カオサン・チェンマイ・パーイ編)

ブルネイ:首都バンダルスリブガワン
オマール アリ サイフディン モスク、ジュルドン・パーク
旅行記:Tom Willing 「Asis

カンボジア:首都プノンペン
アンコールワット、シェムリアップ
旅行記:Yoichi Ohira 「カンボジア

フィリピン:首都マニラ
セブ島、ボラカイ島、ボホール島
旅行記:Shohei Watanabe 「フィリピン マニラ ホスピタリティとカオスの街

ラオス:首都ヴィエンチャン
王宮博物館、プーシー、パークウー洞窟
旅行記:Misaki Iguchi 「初一人旅!~ラオス・タイ~

ミャンマー:首都ヤンゴン
バガン遺跡、インレー湖、マンダレー
旅行記:Haruna Nasu 「魅力たっくさんミャンマー紀行! 自然、遊び、歴史、全て満喫。

ベトナム :首都ハノイ
ホーチミン、ハロン湾、フォンニャケバン国立公園、フエ
旅行記:Sakuragi Haruko「【ハロン湾】異世界に迷い込む旅。ベトナム・ハノイ発の冒険クルーズ

お得な旅へ出掛けよう

Compathyでは、旅の体験を共有することができ、他の人が作った旅行記を見ることできます。当然、自分でも作ることができるので、旅に行った際にはぜひ活用してみてください。

実際にASEANを旅行しようと思い立ったときには、今回紹介した「AirAsia ASEAN Pass」が大活躍してくれるでしょう! 対象となる10か国についての旅行記を見ながら、行きたい場所に思いを馳せてみませんか?

(ライター:Yoko Fujie)
Photo by: AirAsia

ASEANの旅行記

*Madoka Abbie 「嗚呼、愛すべき、アジア。
*Gangtian Sudian 「フィリピン(マニラ)、ベトナム(ホーチミン、ミト)、タイ(バンコク、アユタヤ)、シンガポール、マレーシア(ジョホールバル、マラッカ)、香港。2週間の旅。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP