ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オノ・ナツメの時代劇漫画『ふたがしら』が松山ケンイチ主演でドラマ化!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

オノ・ナツメの漫画『ふたがしら』がWOWOW製作のオリジナルドラマ「連続ドラマW」で2015年6月から放送されることになりました。

原作の『ふたがしら』は2011年から「月刊IKKI」で連載された江戸時代を舞台にしたオノ・ナツメの漫画。「脅さず殺さず汚え金を根こそぎいただく」盗賊の「赤目一味」の一員だった主人公の弁蔵とクールな色男宗次。「でっかいこと」を成し遂げるために旅だった、男二人旅が描かれています。

ドラマでは八王子の飛脚問屋で働く弁蔵を松山ケンイチ。相棒の宗次役を早乙女太一が演じます。監督は『ジョーカー・ゲーム』『SR サイタマノラッパー』シリーズの入江悠監督。脚本は劇団☆新感線の中島かずきが手がけます。

松山さんは2012年の大河ドラマ「平清盛」以来の連ドラ主演。大河ドラマから引続いて、3年ぶりの時代劇での連ドラ参加となります。どんな弁蔵と宗次に出会えるのか期待が高まりますね。

曲者ぞろいの登場人物たちの粋なセリフ回し。二転三転する痛快なストーリー展開。「連続ドラマW ふたがしら」はこれまでに見たことのない、全く新しい時代劇版盗賊エンターテインメント!WOWOWプライムで毎週土曜よる10:00放送開始です。第1話は無料放送ですよ!お見逃しなく!

IKKI 連載作品紹介-[ふたがしら]オノ・ナツメ

連続ドラマW ふたがしら|WOWOW

関連記事リンク(外部サイト)

水戸黄門が復活だーっ!国民的時代劇が4年ぶりにテレビに戻ってくる!
入場無料!国立新美術館で7日間だけの特別展示「かぐや姫の物語」の物語
鳥獣戯画は漫画の始まり

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP