ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

転勤の命令を拒否することができるのか?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Q.

 Aさんは、あるメーカーの正社員です。勤める会社は全国に支店があります。Aさんは次の人事異動で、これまで在籍していた東京支店から北海道支店に配属となりました。「子供が小学校に入学するし、なんとか東京支店に残りたい」と会社に伝えましたが、「命令だから従え」との一点張り。

 そこで、Aさんは裁判をすれば転勤を拒否することができるのではないかと考えました。果たして、認められるでしょうか?
 ちなみに、人事異動の理由は、北海道支店のテコ入れであり、就業規則においては「地域限定職ではなく、転勤を命じる場合がある」旨は記載されています。

(1)残念ながら、転勤の拒否は認められない。
(2)転勤の拒否は認められる。

A.

正解(1)残念ながら、転勤の拒否は認められない。

 参考となる裁判例に、最判昭和61年7月14日の「東亜ペイント事件」があります。これは家庭の事情を理由に転勤拒否をしたところ、懲戒解雇されたためにそれを争った事例です。

 判決文の中では、「使用者の転勤命令権は無制約に行使することができるものではなく、これを濫用することは許されない」と、転勤が制限される場合があるとしつつも、「転勤命令が他の不当な動機・目的をもってなされたものであるとき若しくは労働者に対し通常甘受すべき程度を著しく超える不利益を負わせるものであるとき等、特段の事情の存する場合でない限りは、当該転勤命令は権利の濫用になるべきではないというべきである」としています。そのため、子供の進学事情などでは転勤命令は拒否できないと考えられます。
 ちなみに、この裁判例では、会社側が労働者側にさまざまな転勤先を打診し、努力していた経緯があるにもかかわらず、これを固辞。就業規則にも、懲戒事由として転勤拒否した場合が明記されていたことなどもあって、労働者側が敗訴しています。

 人事異動の季節です。参考になれば幸いです。

元記事

転勤の命令を拒否することができるのか?

関連情報

転勤命令を拒否できるか?(職場・労働)
ミドルのための法律知識:職場編(ケーススタディ)
業務命令による引っ越しの費用を請求できるか?(なっとく法律相談)

法、納得!どっとこむの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP