ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MWC 2015 : Huawei、Android Wearスマートウォッチ「Huawei Watch」を正式発表、日本でも発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Huawei がスペイン・バルセロナで行われた MWC 2015 プレスカンファレンスで、同社初となる Android Wera を搭載したスマートウォッチ「Huawei Watch」を正式に発表しました。Huawei Watch は日本を含む 20 か国以上で発売される予定ですが、各国での発売スケジュールは公開されていません。Huawei Watch は Google 提供の「Android Wear」を搭載しており、Android スマートフォンと連携して、Google Now の音声コマンドを実行できたり、スマートフォンの通知を転送したり、Google Fit でスポーツや日常生活の行動を記録したり、さらに、対応アプリで機能を拡張することができます。Huawei Watch では金属素材のリムや本体に 1.4 インチの円型ディスプレイを採用。見た目はまるでアナログ時計の定番デザインを見ているかのようです。ラインアップはボディのカラーリングや仕上げ方によって 3 種類あり、リストバンドは多数発売される予定です。リストバンド自体は 18mm のものを利用できます。また、ウォッチフェイスは 40 種類収録されていると言われています。内部スペックは他社製品とさほど変わらず。1.4 インチ 400 × 400 ピクセルの AMOLED ディスプレイ、Qualcomm 製 1.2GHz クアッドコアプロセッサ、512MB RAM、4GB ROM、6 軸モーションセンサー、気圧センサー、心拍センサーを搭載。気になるバッテリー容量は 300mAh とのことです。Source : Huawei


(juggly.cn)記事関連リンク
MWC 2015 : HTC、新フラッグシップ「HTC One M9」を正式発表、Snapdragon 810やSense 7を搭載
MWC 2015 : Huawei、オクタコアプロセッサを搭載しLTEに対応した7インチAndroidタブレット「MediaPad X2」を正式発表
LGの新エントリーモデル「LG Spirit」が早くも台湾で発売開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP