体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2月26日「地方議会を変える国民会議」キックオフの会合が開催されました。

2月26日「地方議会を変える国民会議」キックオフの会合が開催されました。

さる2月26日 東京・ホテルモントレー半蔵門にて「地方議会を変える国民会議」キックオフ会合が開催されました。

2014年は“セクハラヤジ議員”“号泣議員”など、日本の地方議会の質が問われる出来事が立て続けに発生しました。
みなさんも日本の議会は「なんでこんなに低レベルなんだ!」と激怒りされたことでしょう。
実は、日本における“議員業”は高額の議員報酬専業議員の多さなど、世界に類を見ない特殊な職業となっています。

そんな議会を改革しようと「地方議会を変える国民会議」という任意団体が立ち上がり、キックオフ・ミーティングが開催されました。
議会の「土日・夜間開催」、普通に仕事のある人が「兼業議員」として普通に議員を務めるといった形で、もっと多様な知識・経験・能力のある人材が地方行政に参画し、議会の機能を高めることが目的となっています。
この考えに賛同される人は、同団体のホームページで参加者を募集している模様です。

以下「地方議会を変える国民会議」(仮称)キックオフミーティング開催の案内より
地方議会はこのままでよいのでしょうか?
欧米各国で広くなされているように、地方議会は「土日・夜間開催」にし、普通の仕事がある人など多様な人材が議会に参加できるようにしたらよいのではないか・・・・という問題提起は古くからあります。
しかし実現されていません。
まず日本のど真ん中の千代田区から、地方議会を変え、議会を起点に日本をかえられないでしょうか?
こうした問題意識を共有する皆さんとの議論の場を作るため、「地方議会を考える国民会議」(仮称)を結成したいと考え、キックオフミーティングを開催します。

当日配布された小冊子 「土日/夜間議会改革!」

2月26日「地方議会を変える国民会議」キックオフの会合が開催されました。 2月26日「地方議会を変える国民会議」キックオフの会合が開催されました。

                
その他 資料 「地方議会を変える国民会議」ホームページ参照

当日出席の発起人メンバー
有泉 孝  放送プロデューサー
岸 博幸  慶應義塾大学教授
橘川幸夫  デジタルメディア研究所代表
堺屋太一  作家
佐々木信夫 中央大学教授
原 英史  政策工房代表取締役社長
藤原里華  プロテニスプレイヤー
屋山太郎  政治評論家

1 2 3次のページ
東京プレスクラブの記事一覧をみる

記者:

東京プレスクラブについて: 「オープン&シェア」を合言葉に、現在話題となっている出来事の取材やネットでのオープンな資料・素材公開をおこなっているブログメディアです。特定の記者やジャーナリストだけではなく「新しいテクノロジーを使って誰でも参加できる情報共有の場をつくる」ことを目標に、共有すべき資料は迅速に共有し拡散することで皆さんのお役に立つことを目指しています。 東京プレスクラブに掲載された情報は転載・引用・転送・共有・拡散、すべて自由です。もちろん、ブログ、ニュースサイト、新聞、雑誌、テレビ、ラジオ等々のメディアでの利用も自由です。

ウェブサイト: http://tokyopressclub.com

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy