ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本板硝子がスマートフォン・タブレット向け強化ガラスパネルを「glanova」ブランドで展開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本板硝子がスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス向けに「glanova(グラノヴァ)」と呼ばれる強化ガラスパネルの量産開始を発表しました。今回のトピックは、同社が昨年発表した「化学強化用新組成ガラス」のブランド名が「glanova」という名前に決まり、さらに、今年の春より国内の工場で量産が始まる予定ことです。glanova ブランドの由来は、ガラス(Glass)と新生(Nova)を掛け合わせた造語とのことです。同社はスマートフォンやタブレットなどのタッチパネル製品の普及によって、安価な機種でも化学強化用ガラスの需要が高まっているとして、その市場をターゲットに低コストで搭載できるよう glanova を投入するとしています。Source : 日本板硝子


(juggly.cn)記事関連リンク
MWC 2015 : Mad Catz、スマートフォンを固定できるゲームコントローラー「L.Y.N.X.3」とAndroid TV対応キーボード付きコントローラー「S.U.R.F.r」を発表
米Best BuyがHTC One M9の商品ページを公開、32GBモデルは$649
MWC 2015 : Acer、リストバンド型活動量計の新モデル「Liquid Leap+」を発表、リストバンドの交換や、iOSとWindows Phoneにも対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP