ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

開幕投手の事前公表 ファンサービスといえるのか疑問の声も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年もいよいよプロ野球の開幕が近づいてきた。開幕戦では各チームのエース級投手が勢揃いするが、2月20日、日本ハムの栗山英樹監督は、今季の開幕投手を大谷翔平に決めたといち早く発表した。このままアクシデントがなければ、3月27日の楽天戦(札幌ドーム)で大谷がプロ3年目で初の大役を担うことになる。

 近年では、両リーグとも予告先発制が採用されており、事前に開幕投手がわかるシステムとなっている。だが、以前は、開幕当日まで先発は発表されず、スポーツ紙の予想が外れることもあった。

 印象深い開幕戦のひとつに、1987年の巨人対中日(後楽園球場)が挙げられる。この年、2年連続三冠王の落合博満がロッテから1対4の大型トレードで中日に移籍してきた。迎え撃つ巨人は、落合が『ナンバーワン投手』と称するエースの江川卓を立ててくると予想されていた。しかし、フタを開けてみると、王貞治監督率いる巨人は前年7勝の西本聖を持ってきた。

 すると、西本は得意のシュートで内角を攻め続け、落合を封じ込め、チーム30年ぶりとなる開幕完封勝利を挙げた。スポーツライターが語る。

「このシュート攻めは、当時のセ・リーグ各球団がマネしたため、落合は調子を崩し、無冠に終わった(前年の打率.360、50HR、116打点=三冠王→.331、28HR、85打点へ)。もし予告先発であれば、落合も心構えがまったく違ったはず。予告先発ではないからこそ、ドラマが生まれた。最近は、開幕投手は予告先発で事前にわかるどころか、かなり早い段階で発表されてしまう。スポーツ紙とすれば、キャンプ、オープン戦のころはネタに困っているから、栗山監督の発言はありがたいでしょう。

 しかし、サプライズがあってこそのプロ野球。2004年、中日の落合監督は3年間一軍登板のなかった川崎憲次郎を開幕投手に抜擢。ファンを驚かせました」(同前)

 そもそも、開幕投手の予告先発は、1983年にパ・リーグが始めた。当時のパ・リーグは人気がなく、集客のために必死だったのだ。1994年以降は毎試合、予告先発になり、セ・リーグも2012年から導入している。

「歴史を振り返ると、各球団には“予告先発=ファンサービス”という意識が根底にある。しかし、最近の実態は必ずしもそうとは言えない。実際、全試合予告先発制にしたことと観客動員アップのあいだに、相関関係は見られない。

 首脳陣からすれば、予告先発制ならば、オーダー作りで苦労しないで済む利点がある。また、相手先発に迷わなくなるので、無駄なミーティングも減る。“ファンサービス”は表向きで、実態は“自分たちの仕事を楽にするため”という面が浮き彫りになっている。

 開幕投手の事前発表は良いことなのか。ファンが推理する楽しみやサプライズを完全に奪っている。この点を、今一度、考え直す時期に差し掛かっているのでは」(同前)


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
セ・リーグの予告先発導入案「落合がいたら無理だった」の声
セ・リーグ予告先発でスコアラーの職危機に 中日は3人削減
中日高木監督 勝敗度外視の選手起用で集客力向上狙うと記者

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP