ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

愛馬がG1レース2年連続優勝のDr.コパが金運UPの秘訣伝授

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 昨年は最低人気、そして今年は堂々の1番人気で見事、G1『フェブラリーS』を連覇したのは武豊(45才)騎乗のコパノリッキーだ。

 同レースは1984年に創設されて以来、連覇した馬がいない難しいレース。そんなレースを1番人気というプレッシャーをものともせず優勝に導いたのは、コパノリッキーの馬主であるDr.コパさんだ。

「日々の生活は不運との闘い。だからこそ、いかに不運を浄化して、幸運を掴むかが重要」

 そう笑顔で話すコパさんは、今回のレースに向けて持ち前の風水を生かした開運術を行ってきた。『フェブラリーS』前もラッキーフードのお寿司を食べて勝負に挑んだという。

 コパさんが日々、実践する開運術の中には、私たちにも役立つ“金運&勝負運アップ”術がたくさんあった。まず、ボディータオルは家族5人いても、自分専用のタオルを用意する。

「いくら家族でも不運を背負っては仕方がありません。そのタオルの賞味期限は3か月で、2種類を使いわけます。まずはラベンダー色のタオルで厄を落とし、黄色のタオルで体に金運をつけます。これをやり始めたのはここ2年くらい。去年、今年とG1に勝利したとき、これだな、と思いました」(コパさん、以下「」内同)

 さらに勝負運UPのこだわりはこんなところにも。

「実は寝ている時に、体から不運が出ているんです。そうすると、下着に不運が染み出すので、そんな下着で一日中過ごすのはマイナスです」

 その考え方でいくと、パジャマや枕カバー、シーツも、毎日洗い立てのものを使ったほうがいいそうだ。

 「Tシャツやスエット、短パンで寝るのもよくない。寝る時には、毎日洗い立ての、寝る時の正装であるパジャマやネグリジェをきちんと着る。それが幸せになるためのひとつの方法。少なくともこれが勝負運を上げます」

 はたまた、お金の扱いにも注意を払っている。スーパーやコンビニでもらうお釣りは、誰がどんな不運を背負って送り出したかわからないお金だ。そんなお金を直接財布に入れるのはあまりよくないという。

「ぼくは厄落としのためにラベンダー色の布などに包んで2日間、その後金運をつけるために黄色い布や紙に1日包む。これを行うだけで運気が上がりますよ」

※女性セブン2015年3月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
所有馬が2週連続優勝のDr.コパが実践する金運アップ術
流行りのリアルファーはヘアトリートメント剤でお手入れを
最新扇風機 1日8時間稼働させても電気代は1か月わずか13円

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP