ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ビリギャルの母 「しつけは全部親の自分都合なのね」と語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年GWには映画も公開されるベストセラー『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』(坪田信貴・著)。ビリギャルこと小林さやかさん(26才)が育ったのは、両親が不仲で、もはや離婚もやむなしという崩壊寸前の家庭だった。しかし、今は違う。両親は夫婦仲がよく、さやかさんも結婚し、共に幸せな家庭を築いている。

 ビリギャルの娘を育て上げた母・橘こころさん(50才)は、この度その子育てへの思いを、『ダメ親と呼ばれても学年ビリの3人の子を信じてどん底家族を再生させた母の話』(KADOKAWA)に綴った。母と娘で書き下ろした一冊となっている。

 さやかさんには弟と妹がいる。弟は少年時代、いわゆる不良グループについて歩き、ある時は警察のお世話になったことも。

 警察に補導されても、こころさんは長男を叱責することがなかった。それはなぜなのか、そしてどうして叱らないで済んだのだろうか。

母:息子が小さいとき、私は息子がさやちゃんと妹のまーちゃん(21才)を傷つけたり、暴れたりすることだけはやめさせようと思って、ものすごく叱ったのね。

 そしたら、もっともっとやるの。あなたがたがおとなしく絵を描いたりしてると、グシャグシャにしちゃったり。だから、もっと強い力で叱る。そんなことを繰り返していくうちに、しつけようと思う気持ちを超えて、自分がただ怒っていることに気がついたの。しかも、その怒りってエスカレートするし、どんどん頻繁に出てくる。

 すると、子供はどうなるかというと、隠れてやるようになるのね。彼が隠れて妹をいじめるようになったときに、私がやっていたことは間違いとわかった。

 そんなとき、「子供の感情を抑えつけるような厳しいしつけが将来、子供を犯罪者にする原因になる」と書いてある本にも出合って、私が暗中模索して求めていた答えがここにある、って。

 しつけって全部、親の側の自分の都合なのね。誰もが、いい子にしたくて、悪いことをやめさせようと思って叱るんだけど、それは悪いところばかり見るということにつながりやすい。そうじゃなくて、いいところばっかり見て褒めて、認めてあげると、その子は悪いことをする暇がなくなっちゃうのね。ということが、いちばん簡単でシンプルなしつけだとわかったの(笑い)。

娘:だから、私が茶髪にしても、スカートを短くしても、そんなことで叱ることはなかったんだ(笑い)。

母:そうよ。怒って叱るっていうことはものすごくつらいのね。逆にいいところばっかり見つけて、褒めると、自分がものすごく楽な育児ができるのよ。

※女性セブン2015年3月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
犬のしつけ指導者が基本的な4つのしつけ学習パターンを語る
犬のしつけトレーニング アンチエイジングに役立つと専門家
「ビリギャル」母娘が明かす 崩壊寸前だった家族と子育て法

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。