ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「島人の星」安仁屋宗八が先発すると沖縄でタクシー走らず

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 元広島カープの安仁屋宗八(あにや・そうはち)氏は沖縄高(現・沖縄尚学高)のエースとして甲子園で活躍、卒業後は沖縄県人として初めて都市対抗に出場し、1964年に広島に入団して沖縄出身初のプロ野球選手となった。そしてプロ初勝利を1964年6月14日の巨人戦であげている。その試合は沖縄のテレビで生中継され、巨人から初白星を挙げた「島人(しまんちゅ)の星」の話題で沖縄は数日間持ちきりになった。安仁屋氏が、当時の沖縄への思いを振り返った。

 * * *
 沖縄ではテレビ中継の間、電器屋の街頭テレビの前に皆が集まって観戦していたそうです。その間、沖縄にタクシーが1台も走っていなかったとか。その後も巨人戦で僕が投げる時には、同じような状態がしばらく続いたと聞いています。

 オフに沖縄の実家に帰った時に、親父がスクラップブックを見せてくれて、凄いことになっていたことを知りました。

 それが発奮材料になりました。そうやって勝ち星を重ねていき、「巨人キラー」としてのイメージが定着したのだと思います。

 そういえば1973年に広島に入団してきた埼玉出身の木下富雄が、「(巨人ファンの僕は)巨人戦で頑張る安仁屋さんが大嫌いだった」と言っていました(笑い)。

※週刊ポスト2015年3月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
安仁屋宗八氏 巨人戦で1勝を挙げると査定では2勝分になった
「カープ女子」流行語トップ10 広島OB安仁屋氏「隔世の感」
ヒゲ剃らぬエルドレッド「いい心意気だね」と広島OB安仁屋氏

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP