ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

前妻と平気で会う男 妻の抗議に「前妻は前菜だから」と抗弁

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 夫婦の日常も様々だが、あらゆる夫婦のエピソードが、漫談家の綾小路きみまろにメールや手紙で続々と寄せられている。今回寄せられたのは、ご主人(50歳)が建設会社勤務の奥様(39歳)。ご主人は高校生の息子がいるバツイチ、奥様は初婚です。

 * * *
 息子さんは前の奥さんと暮らしています。父親ですから、時々、息子さんと会うのは仕方ないんですけど、許せないのは前の奥さんとも会っていること。しかも平気な顔で私に「今日、会って食事してきた」と話すんです。「久しぶりに会うと、話が弾むよなぁ。いや、だからって、やましいことはしてないから。神経質になるなよ」。私はその無神経さに呆れてるの!

 前の奥さんとの離婚理由は「結婚前は最高に相性がいいと思ったんだけど、一緒になったら合わないことが分かったんだ」。そこでやめておけばいいのに、フォローのつもりか、「お前は違うぞ。一緒に生活してて空気みたいで居心地がいい。結婚前は相性がよくないと思ってたのに、不思議だよなぁ」。

 不思議なのは、それでフォローできてると思ってるアナタの頭よ! 私は相性がいいと思ってたのに、アナタはそうじゃなかったのね? 何で結婚したの!

 この前も、前の奥さんのエピソードを語り始めたので「アナタ、結局、前の奥さんの方がいいんでしょ」。悔しさで涙ぐむと、私をグッと抱き締め、「そんなことない! 前妻は文字通り前菜なんだ。お前がメインディッシュだよ」。

 上手いフォローのつもりなんでしょうけど、それでフォローできてると思えるのが不思議。私、言い返してやりました。「私がメインってことは、デザートは誰?」「……」。ちょっと、そこで黙り込まないでよ!

※週刊ポスト2015年3月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
霊視喫茶店マスター 蛭子能収の前妻と今の妻について鑑定
ベッドで元妻の名呼ぶ×2男 女選びの基準は「頭文字がミ」
料理教室に行ってもそのメニューを作ろうとしない妻の言い分

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP