体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

そらのさんが持ってる『バンクマン』に500円玉を貯金して11月23日に5万円で都電荒川線を貸し切ろうという企画 まだ3万円ほど足りないようです

そらのさんが持ってる『バンクマン』に500円玉を貯金して11月23日に5万円で都電荒川線を貸し切ろうという企画 まだ3万円ほど足りないようです

タカラトミーが11月11日に発売する、おしゃべりする顔型貯金箱『バンクマン』。シリーズ製品『クロックマン上方』の発売前には、東京から大阪へ旅するクロックマンをストリーム配信サービス『USTREAM』で生中継するという、一風変わったプロモーションを展開していたタカラトミーさんから、『バンクマン』でも変わったイベントを企画していると聞いて取材に行ってきました。指定された取材場所に到着すると、ブログ『ケツダンポトフ』で『USTREAM』によるさまざまな生中継企画に挑戦している、ソラノートのそらのさんの姿が。

渋谷のカフェ ON THE CORNER で『そらの的あさのニュース』を放送中のそらのさん

今回の企画は、そらのさんが毎朝10時から11時半に渋谷のカフェ、ON THE CORNERから放送している『USTREAM』の番組『そらの的あさのニュース』や、そらのさんが取材現場に持ち歩いている『バンクマン』に500円硬貨を貯金して、最終的に5万円を貯めようというもの。貯めた5万円で11月23日に都電荒川線で貸し切り電車を走らせる計画で、『バンクマン』に500円硬貨を入れてくれた人には貸し切り電車に乗れるキップがもらえるとのこと。

『そらの的あさのニュース』の放送にお邪魔して、そらのさんに詳しくお話をうかがいました。

ガジェ通:この企画をやることになった経緯を教えてください。

そらの:『バンクマン』という貯金箱がタカラトミーさんから出るというお話を聞いて、最初は「配信の始めとかにチャリンチャリンってお金を貯めて、何かできたらやる、というのをやってもらえませんかね?」というお話で。「それだったらイベントにしちゃいません?」という。貯めるのも自分で貯めるんじゃなくって、溜まった5万円も何か……ちょっと(放送の)音量小さいですね。こんなもんで大丈夫かな? ですね。そんな感じで始まりました。

ガジェ通:都電荒川線を貸し切るというのは?

そらの:5万円の使い道をどうしようか、という話になったときに、まずヘリコプターも貸し切れる、いろいろ貸し切れるものがあったんですけど、その中で都電荒川線が一番面白そうかなというので。タカラトミーさんから「こんなものが貸し切れるんですよ」というリストをいただいて、「荒川線いいじゃないですか」っていう。そんな感じで。

ガジェ通:それで放送の中で貯金をしていくことになった。

そらの:いつも紹介してます。

ガジェ通:この企画って、そらのさんに会わないと貯金できないし、キップももらえないじゃないですか。結構参加するのにハードルの高い企画だなと思ったんですけど、今何人ぐらい参加されてるんでしょうか。

そらの:(11月4日時点で)1万6500円貯まっています。1人で2~3枚入れてくださる方もいるのですが、実質1万6500円割る500(33人)ぐらいですね。まだまだ足りないんですけど。

ガジェ通:郵送で送っても大丈夫なんですか?

そらの:いつもこの放送を北海道から見てくださってる方がいるんですけど、「11月23日は東京にいるので参加したいんですけど、現金書留でもいいですか?」とおっしゃるので「大丈夫です」と。現金書留でいただいて、『バンクマン』に入れて、キップを郵送しました。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。