ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

真実はどこに? インド初“歌わない・踊らない”極上のサスペンス映画

DATE:
  • ガジェット通信を≫

⑦場面写真-2

インドのアカデミー賞と呼ばれるインド・フィルムフェア賞で監督賞、主演女優賞など5部門を独占した話題作『女神は二度微笑む』が公開中。

インド・コルカタの国際空港に、美しき妊婦・ヴィディヤが降り立った。はるばるロンドンからやってきた彼女の目的は、一ヵ月前に行方不明になった夫のアルナブを捜すこと。しかし、宿泊先にも勤務先にもアルナブがいたことを証明する記録は皆無。やがてアルナブに瓜ふたつの風貌を持つミラン・ダムジという危険人物の存在が浮上し、それを知った国家情報局のエージェントが捜索に介入。ヴィディヤへの協力者が何者かに殺害される緊迫の事態に発展していく――。

インド映画と聞けば、ゴージャスな衣装をまとった男女の歌とダンスを連想するかもしれないが、近年はそのイメージが劇的に変わりつつある。『きっと、うまくいく』『マダム・イン・ニューヨーク』など、“歌わない、踊らない”映画が相次いで大ヒットを記録しており、本作もそんな新時代インド映画のひとつ。映画界に新風を巻き起こす話題作、乗り遅れないうちに劇場で!

女神は二度微笑む
監督:スジョイ・ゴーシュ
出演:ヴィディヤー・バーラン、パラムブラト・チャテルジー、ナワーズッディーン・シッディーキー ほか
(2012年/インド)
ユーロスペースほか全国順次公開中
http://megami-movie.com/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。