体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

KREVA初の全国47都道府県ツアー「UNDER THE MOON」前半戦がスタート

ソロデビュー10周年イヤーを疾走中のKREVAが2月27日に初の全国47都道府県ツアー「UNDER THE MOON」前半戦をスタートさせた。

2月27日(金)@東京・Zepp DiverCity (Tokyo)  (okmusic UP's)

この日初日となったZepp DiverCityでの東京公演を皮切りに、前半戦は5月15日(金)福井・響のホールまでのライブハウスを中心に開催される。

前半戦は<with DJ+DRUM STYLE>として、ステージ上にはKREVAに加え白根佳尚(DRUM)と熊井吾郎(MPC&DJ)が登場。シンプルな編成ながらも力強いトライアング ルが織りなす無限のラップとビートに、会場のテンションは開演とともに最高潮へ。ドラムの生演奏によってリズムはますます強力となり、会場全 体が揺れるような錯覚が続くほどアツく、そしてクールなライブパフォーマンスが繰り広げられていく。KREVAのステージングはさらに神懸り、ストイックにラップを繰り出し続けると同時に、エンターテインメント性も抜群。ひとつのショーという領域を完全に凌駕した濃厚なライブは あっという間に思えるもので、終演に向けてKREVAは47都道府県ツアーへの期待と観客への感謝を語りツアーの出発を飾った。まさに KREVAというアーティストを体現した必見のライブ。KREVAのライブは未経験というファンには、47都道府県ツアーが初参加の最大の チャンスとなりそうだ。

KREVAは2015年第一弾シングルとして2月25日にシングル「Under The Moon」発売を経て、3月18日(水)には昨年9月に日本武道館2DAYSで開催した「908 FESTIVAL」のDVD・Blu-rayを発売する。まずはツアーと同タイトルのシングルをチェックして、会場でその神懸り的なライブを体感しよう。

ツアー後半戦は6月3日(水)浦和市文化会館から7月26日(祝・月)東京・中野サンプラザホールまでホールコンサートが続き、5ヶ月間で全国47都市53公演を開催する。

10th Anniversary Year KREVA 47都道府県 TOUR 2015「UNDER THE MOON」
▶前半戦 with DJ+DRUM STYLE
2月27日(金) 東京 Zepp DiverCity (Tokyo)
3月01日(日) 【初】山梨 甲府CONVICTION
3月04日(水) 【初】千葉 柏PALOOZA
3月06日(金) 【初】奈良 奈良NEVER LAND
3月07日(土) 【初】奈良 奈良NEVER LAND
3月10日(火) 【初】和歌山 和歌山SHELTER
3月12日(木) 【初】滋賀 滋賀U-STONE
3月14日(土) 京都 京都FAN J
3月15日(日) 京都 京都FAN J
3月19日(木) 【初】長崎 長崎DRUM Be-7
3月21日(土) 鹿児島 鹿児島CAPARVOホール
3月22日(日) 熊本 熊本B.9 V1
3月24日(火) 【初】山口 周南TIKI-TA
3月26日(木) 香川 高松オリーブホール
3月28日(土) 神戸 kobe SLOPE
3月29日(日) 神戸 kobe SLOPE
4月02日(木) 佐賀 佐賀GEILS
4月04日(土) 【初】宮崎 WEATHER KING
4月05日(日) 【初】大分 DRUM Be-0
4月09日(木) 岐阜 岐阜club-G
4月11日(土) 【初】島根 松江AZTiC canova
4月12日(日) 【初】鳥取 米子AZTiC Laughs
4月14日(火) 広島 広島クラブクアトロ
4月16日(木) 愛媛 松山サロンキティ
4月18日(土) 高知 高知CARAVAN SARY
4月19日(日) 【初】徳島 徳島club GRINDHOUSE
4月24日(金) 沖縄  沖縄ナムラホール
4月30日(木) 長野 長野CLUB JUNK BOX
5月01日(金) 【初】群馬 高崎club FLEEZ
5月07日(木) 【初】岩手 盛岡CLUB CHANGE WAVE
5月09日(土) 【初】秋田 秋田club SWINDLE
5月10日(日) 【初】山形 山形ミュージック昭和Session
5月12日(火) 【初】富山 富山MAIRO
5月13日(水) 石川 金沢EIGHT HALL
5月15日(金) 【初】福井 響のホール

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。