ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

閉館間近東京の名所 田町ハイレーン、渋谷公会堂など

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 老朽化や2020年東京五輪などの未来に向けた建て替えで、「東京の顔」だった人気の名所にも変化の波が。姿を消してしまうその前に、また足を運んでみませんか?

 ボウリングブームを牽引してきた、有名レーン田町ハイレーン(東京都・港区)が閉館を決定した。1972年開業当初は、5フロアに計110本のレーンがある都心の大型施設としてプロボウラーや有名人にも愛された。『ザ・スターボウリング』(テレビ東京系)など数百本のボウリング番組で使用。近年は女子プロの「Pリーグ」の舞台に。2011年以降はボウリング場協会と史料館を併設。しかし、老朽化で3月末閉館が決定した。

 また、同じく若者たちの青春が詰まった日本青年館(東京都・新宿区)もこの度姿を変えることとなった。

“青少年活動と文化・スポーツ活動の拠点”として、ホテルや大ホールも併設していた当館。修学旅行や春高バレーの宿泊先、高校オーケストラの拠点会場でも親しまれた。2020年開催の東京五輪への国立競技場拡幅工事に伴い、3月末に閉館。神宮球場の向かい側に移転し、2年後に再オープンする。

 若者たちの聖地といえば、渋谷公会堂(東京都・渋谷区)も忘れてはならない。

 1964年(昭和39年)完成の渋谷公会堂は、同年開催の東京五輪では重量挙げ競技会場として使用。翌年からコンサートや歌番組の公開収録会場として親しまれ、2006年から5年間は、ネーミングライツで『渋谷C.C.Lemonホール』と呼ばれた時期も。音楽堂としての評価も高く、数々のコンサートが催され、2009年には、「音響家が選ぶ優良ホール100選」にも選ばれた。

 渋谷といえば、東急プラザ渋谷(東京都・渋谷区)も幕を下ろすことが決まった。

 1965年に渋谷東急ビルの専門店複合ビルとして、渋谷駅前に竣工以来、約半世紀愛されてきた“渋谷の顔”の1つ。渋谷道玄坂エリア再開発に向け、3月22日をもって閉館するため、現在、閉店セールのほか、レストランフロアでは、約15種の「49年ありがとうメニュー」が登場。渋谷の歴史を知る下記特別展も開催中だ。

 また、1960年代から現在・未来に至る渋谷史が体感できる「タイムスリップギャラリー」(入場無料)を3月22日まで開催している。昔の写真から、駅のジオラマ、鉄道グッズ、ディスコなど展示。一部展示替えで、1960年代以前の写真コーナーも登場させた。

※女性セブン2015年3月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
美人プロボウラー中山律子さん 家族でやるのはゴルフ
上戸彩、浅田真央、広末涼子が訪れる渋谷のラーメン店
奥田英朗のサスペンス大作『オリンピックの身代金』が文庫化

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。