ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

イチロー ツンデレTシャツに見る「裏表使い分け力」応用編

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 マーリンズに移籍したイチローのユーモアTシャツが話題になっている。ただの話題作りというなかれ。そこには大人の思惑が込められている!? 大人力コラムニスト・石原壮一郎氏が「イチローに大人の裏表を学んだ」と説く。

 * * *
 今年からマイアミ・マーリンズでプレーするイチロー選手。1月24日(日本時間25日)、キャンプ施設に初登場したとき着ていた「ツンデレTシャツ」が、大きな話題を呼んでいます。

 前には、マーリンズの球団名の由来となったカジキのかぶり物をしたイチローの顔をした少年のイラストと、小さくひらがなで「♪おうえんしてくださいなんて~ いわないよ じぇったい~」の文字。そして背中には、太めのゴシック体で「応援よろしくお願いします」と書かれていました。

 これは明らかに、1月29日に東京で行なった入団会見で「これからも『応援よろしくお願いします』とは僕は絶対に言いません。応援してもらえる選手でい続ける」と宣言したことを意識したデザイン。会見での宣言は、さすがイチローらしい名セリフだと多くの野球ファンをうならせましたが、ごく一部には「素直じゃないなあ」「なんでそういう言い方するかな」と批判する声もありました。

 そんないろんな声を受けた上で、Tシャツの前と後ろで反対の意味の言葉を書くところに、イチローのお茶目さが発揮されています。後日イチローは、2012年から4年連続でネタTシャツを作ってきたことを踏まえて、「それなりに歴史をつくってきたっていうか、その効果が出ましたね。今までの流れがあってのこれだから」としてやったりの表情で語ったとか。大ウケしたことがかなり嬉しかったようです。

 それはさておき、イチローのカッコよさをあらためて示した「ツンデレTシャツ」には、複雑な思いを表現するヒントが詰まっています。ビジネスマンの世界でも、部下や上司に対して、気持ちを素直に伝えられない場面は少なくありません。大人としては、イチローの華麗なバットコントロールならぬ、華麗な裏表使い分け力に学びましょう。

 部下に急な残業を頼みたい場合は、おずおずと「もし大丈夫だったらでいいんだけど」と話しかけ、その段階で「あっ、ちょっと待って」と振り返っていったん自分の席に戻ります。あらかじめ背中に「ぜひともお願い」と書いた紙が貼ってあって、振り返った時にそれが部下に見えるという寸法。その上であらためて「残業、頼んでいいかな」と持ちかければ、こちらの真意を汲み取ってきっとOKしてくれるはずです。

 上司に誘われて飲みに行ったけど、じつは懐がさびしいという場面でも有効。はっきり「おごってください」と言うのは気が引けますが、口では「いやいや、自分の分は自分で出しますよ」と遠慮しつつ、箸袋の裏に「お会計よろしくお願いします」と書いてさりげなく机の上に置きます。それを見てしまったら、上司としてはおごらざるを得ません。

 家庭内でも、ここぞという場面で活用したいところ。会社から転勤を命じられたけど、おそらく妻はついて来てくれない雰囲気だったら、口では「単身赴任するよ」と言いながら、「いっしょについて来てほしい」と書いたメモを床にハラリと落としましょう。そんな小細工をする夫が不憫で、ついて行こうと思ってくれる……かも。

 逆に、自分は単身赴任したいけど、妻はついて来たそうな場合は、口では「いっしょに行こう」と言いながら、「単身赴任サイコー!」と書いたメモを床に……。いや、こっちだと間違いなく夫婦関係が破たんしますね。裏表の使い方はなかなか難しいものです。

 イチローは、かつてこうも言いました。「結果が出ないとき、どういう自分でいられるか。けっしてあきらめない姿勢が、何かを生み出すきっかけをつくる」――。たとえ大失敗したとしても、あきらめないことが大切です。やり続ければ、きっと何かを生み出すきっけになるはず。ま、失笑とか軽蔑とか、そういうものかもしれませんけど。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
イチローが使い続けるバットの原木にまつわる悲惨な現実
斎藤佑樹 イチローとおそろいのウインドブレーカーは8925円
福本豊氏「脚力と年齢は関係ない」とイチロー脚力低下を否定

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP