ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

阪神 江夏氏の臨時コーチ就任で「若手が練習しやすい環境に」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 巨人の4連覇を止めるのはどこか――。今年のセ・リーグは、混戦になりそうだ。盛り上がっているのは、広島カープだ。メジャーから8年ぶりに黒田博樹が復帰。キャンプ中は黒田フィーバーともいえる盛り上がりを見せ、24年ぶりとなる優勝も俄然現実味を帯びてきている。

 昨年は2位に終わったものの、クライマックスシリーズで巨人を倒し日本シリーズへとコマを進めた阪神はどうか。今春のキャンプでは、OBの江夏豊氏が臨時コーチに就任。引退後初となる古巣への復帰が話題となった。スポーツ紙記者が話す。

「キャンプ中はネタを探すのに苦労します。特に阪神は人気球団なので、毎日なにかしらの記事を作らないといけない。とはいえ、今年は話題性のある新戦力もほとんどいない。そんなとき江夏さんのような大物がいてくれると、非常に助かるんですよ」

 たしかに、キャンプ中の記事を見ると、〈阪神・藤浪 江夏氏の辛口エールにも動じず エースの自覚〉などのように、主力選手を江夏氏に絡めた記事が多々見受けられた。球界関係者は、江夏氏の臨時コーチ就任をこう見る。

「臨時コーチの存在が戦力を左右するというのは相当難しいですし、例もほとんどない。意地悪く見れば、単なる話題作りという見方もある。

 だが、別の大きな効用がある。阪神の場合、紅白戦で若手がホームランを打っただけで、大きく取り上げられ、すぐに持ち上げられる傾向にある。すると、周りからチヤホヤされ、勘違いしてしまう選手がこれまで少なくなかった。しかし、昨年の掛布(雅之)さんに続き、今年は江夏さんと超大物がキャンプに現れた。

 そのため、これまでと比べると、必要以上に若手が大きく扱われる機会がかなり減った。いわば、掛布さんや江夏さんがコーチになったことで、若手にとっては練習に没頭できる環境ができたんです。和田豊監督も、マスコミ対応の負担が減り、選手を見ることに集中できる。いわば、大物OBが“防波堤”の役割を果たしているんです」

 一昨年秋に掛布氏がゼネラルマネジャー付育成&打撃コーディネーター(DC)に就任すると、スポーツ紙はこぞって掛布氏の話題を取り上げた。その“防波堤”効果があったのか、昨年の阪神は、5年目の上本博紀がセカンドの定位置を奪取し、ルーキーの梅野隆太郎が新人捕手ながら92試合にも出場。毎年、若手の伸び悩みを指摘されてきた阪神にとって、画期的な年となった。

「高卒5年目の岩本輝はフォークのキレも良く、今年大化けする可能性を秘めています。また、昨年低迷した高卒4年目の松田遼馬の復活も期待されています」

 今年は、江夏氏を“防波堤”とした若手投手の台頭があるかもしれない。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
阪神キャンプ 話題はすべて江夏・掛布にさらわれるとの懸念も
関西スポーツ紙はほとんど二軍DC掛布ネタ 二軍が一軍上回る
阪神不振も関西スポーツ紙記者ニコニコ そこそこの成績期待

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP