ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

CM女王に返り咲き!上戸彩について調べてみた!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

上戸1
2月26日、ビデオリサーチ社は、2014年の「タレント別テレビCM量」の上位20人を発表。1位に輝いたのは上戸彩で、昨年の2位から見事に首位に返り咲いた。そこで、上戸彩についてちょっと調べてみた。

Wikipediaによると・・・上戸 彩(うえと あや、1985年9月14日 – )は、日本の女優、歌手、タレント。東京都練馬区出身。オスカープロモーション所属。夫はEXILEのHIRO。

上戸2
●庶民派で親孝行が大好き!「渡る世間は鬼ばかり」のプロデューサー・石井ふく子さんによると、上戸彩は親孝行が大好きで、普段の彼女はほとんどスッピン。着ているものも地味で質素。ブランド物で着飾っているところを見たことがないという。ちなみに、お母さんと旅行に行く時もグリーン車ではなく普通車。また、売れっ子になっても庶民派で卵焼きが大好き。(2012.11.13 女性自身)
●お風呂が大好き!お風呂で汗をかくのが気持ちいいので、家にいるときは、リビングで過ごすよりお風呂にはいっちゃう。でもボーっとするのが苦手だから、お風呂で雑誌を読んだり、メールしたり、凍らせたフルーツを食べたり、大福やたい焼きを持ちこんだりして、カロリー的にはプラスマイナス0だけど。一応発汗してる。(2013.2 ポポロ)
●誕生日が大好き!自分だけでなく人の誕生日も好き。「その人が生まれてきたこと」を祝う日というのが好き。10代の頃はホテルに300人くらい招待して仕事の感覚でやっていたが、なかなか会えない地元の友達のテーブルをサプライズで用意してくれてうれしかったのを覚えている。(2011.8 JUNON)
●昔は保育士になるのが夢で、チャイルドケアの資格を持っている。(2013.2.7 週刊文春)
●ストレス解消法。友達と食事をしながら、おしゃべりをするのがストレス解消法。最近はお酒を飲むことも増えた。今までは食べることが大好きだったので、お酒は全然飲まなかった。(2010.6.1増刊号 FLASH)
●親友はベッキー!ベッキーとは家族ぐるみの付き合い。ベッキー家に泊まりに行くと、ベッキーの母がお弁当を作ってくれる。その中に入っているコンビーフ入りの玉子焼きが大好き。(2009.6.22 CX「笑っていいとも!」)
●「繊細な人」「心の痛みがわかる人」に魅力を感じる。「それがわかる人は他人への気遣いもできるし、楽しい時だけじゃなく、何かあった時に乗り越えられると思うから。昔から家族の匂いのする人がものすごく好き」と告白。「ちゃらちゃら遊ぶことが甲斐性と考える人よりも、奥さんのことが好きでたまらないという人のほうが、かっこいいなと思っちゃう。だから、結婚指輪やラブリングをしている男性はすごく好き。(2012.9.14 「モデルプレス」)
●男性のスーツ姿が大好き。「自分らしく着こなしている方が一番好き。緩めに着ていても格好良いですけど、シャキッと着てる方が私は好きかも・・・」(2009.5.29 「スポニチ」)
●初恋は小学校3年生。同じクラスの男の子で、サル顔のスポーツマン。雰囲気も話し方も全部が優しくて、そこが大好きだった。ちなみに、6年生までその子に、バレンタインチョコをプレゼントしていた。(2008.12 「ポポロ」)
●山口百恵さんに結婚を祝ってもらった!宇崎竜童のふれあいコンサートにお忍びで参加していたが、コンサート後は山口(三浦)百恵さんと、宇崎さんと居酒屋で結婚を祝ってもらっていた。(2012.11.13 女性自身)
●三浦友和・百恵夫婦は理想の夫婦。(2012.11.13 女性自身)
●大家族、5つ子が理想の家庭。買い物は業務用スーパーに行きたい。(2009.3.12 「毎日新聞」)
●子育て。「放任になりそう。少しぐらいケガしてもいいから、なんでも自分で経験しろと思う」といいつつも「ちょっとやそっとのことじゃ驚かないと思えるほど、この年齢までいろいろ経験しましたから。残るは…出産くらい」と語り、すでに“ママになる覚悟”をのぞかせている。(2012.9.14 「モデルプレス」)

(written by けいぼう)

【Nicheee!編集部のイチオシ】SMAPについて調べてみた!~「中居正広」編~
パンダ顔のパック姿を公開!きゃりーぱみゅぱみゅについて調べてみた!
ドラマ「銭の戦争」で好演!木村文乃について調べてみた!

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。