ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自撮りは恥ずかしくない!? ”セルフィー”が当たり前になる時代

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ツイッター、フェイスブック、そしてインスタグラム。SNSユーザーの中では、もはや常識となっている「セルフィー(自撮り写真)」。一般人も有名人も、世界中の人々が自身のプライベートな様子を撮影し、それをSNS上で公開しています。

 歌手のレディ・ガガさんも、かねてからインスタグラム上でノーメイクの自撮り写真、プライベート時の写真などを公開し、世界中のファンを喜ばせています。そんな中、2月16日に、ガガさんはインスタグラム上にハート形のダイヤの指輪を左手の薬指にしている写真をアップし、交際を続けていた俳優のテイラー・キニさんとバレンタインデーに婚約したことを発表。この”セルフィー婚約発表”に、彼女のインスタグラムには世界中から祝福の声が届きました。

 たった一枚のセルフィーで様々な話題を提供するガガさん。今年の正月には、資生堂の2015年新年広告に起用され、50種類のセルフィーで日本の新聞紙上を賑わせました。全国紙、ブロック紙、県紙の新聞50紙に各1種ずつを採用し、日本列島をジャックしたのは記憶に新しいところです。

 そんな彼女が、再びセルフィーで話題を提供してくれています。

 今年5月から始まる資生堂の企業CMの制作会見を、「セルフィー会見」と称し、自撮りで動画撮影し日本語字幕付きでネット上に公開。早くも話題となっています。

 さて、こうした有名人ならまだしも、一般人が自撮りをして、さらにネット上に公開することには、まだまだ賛否があるようです。若い世代はともかく、自撮りは「ナルシスト」、「恥ずかしい」、「かっこ悪い」と敬遠する”大人”も多いのではないでしょうか。しかし、数年前から比べ、ネットやSNS上に自らの写真を載せる人は確実に増えています。自撮りはかっこ悪い、そんな偏見はこれからますます薄まってくるのかもしれません。

 だとすると、善は急げ、セルフィーの撮り方を学んでおくのも悪くはないでしょう。

 本書『GIRLS’ TREND特別編集 GIRLS’ PHOTO』は日常をオシャレに見せる写真の撮り方、 アプリをつかった写真加工まで、実際に使える自撮りテクをまとめた一冊。また、紗栄子さん、中村アンさん、筧美和子さんなどの人気タレント・モデル、また人気ブランドのプロデューサー、注目のSNS有名人などフォロワー数が多いインスタグラマーの写真も紹介しています。

 セルフィー時代が本格化する前に、少しずつ学んで自己プロデュース能力を高めてみてはいかがでしょうか。

【関連リンク】
Lady Gaga レディー・ガガ セルフィー会見|資生堂
https://www.youtube.com/watch?v=4KSQ307Jwis

https://www.youtube.com/watch?v=4KSQ307Jwis

■関連記事

『なんクリ』 登場人物たちの今
雑誌『オリーブ』を知るための必読書
ジョブズ氏愛用の 「タートルネック」 実は黒色ではなかった?

BOOKSTANDの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。