ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カップルで行くトルコ旅!3大定番スポットを2人で楽しむ方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Misaki Tachibana「真っ赤な国トルコ – 旅の始まり(イスタンブール・サフランボル・カッパドキア・パムッカレ・ベルガマ) 」より

こんにちは! TRiPORTライターの小林香織です。

「トルコ」といえば、みなさんは何を思い浮かべますか? ブルーモスクをはじめとする歴史的建造物、カッパドキア、世界三大料理の一つであるトルコ料理など、複数の見所が挙げられるのではないでしょうか。

観光地としても人気のある「トルコ」は、2人で楽しめるアクティビティも多く、実はカップルの旅行にも最適な国なのです! 今回はカップルで満喫できるトルコの観光スポットと、2人で楽しむ方法を併せてご紹介します。

①歴史を満喫するなら「イスタンブール」

ヨーロッパ側に位置するイスタンブール歴史地区は世界遺産となっており、ブルーモスクの愛称で親しまれている「スルタンアフメット・ジャミィ」など、歴史を感じられる建造物が多く存在します。内部の壁が青と白のイズニックタイルで飾られていることからブルーモスクと呼ばれ、その内装はため息が漏れるほど美しいと評判です。

そしてイスタンブールに訪れたら必ず立ち寄りたいおすすめスポットは、86カラットの巨大ダイヤを見ることもできる「トプカプ宮殿博物館」。オスマン帝国時代の財宝は特に見応えがあり、世界中から観光客が押し寄せるそうです。

そんな歴史を満喫するとともに楽しみたいのが、モスク前の広場に集まっている屋台での食べ歩き! トルコのファーストフードとして定番の肉と野菜をパンに挟んだドネルケバブや、びよーんと伸びるトルコアイスなど、2人で別々の味を頼んで交換しながら食べるのもよさそうです。

②アクティビティなら「カッパドキア」

Alice「【トルコ】17000円の価値あり☆カッパドキア 気球ツアー」より

首都アンカラの南東にある、標高1000メートルを超えるアナトリア高原中央部に奇岩が連なる不思議な光景があります。火山によってできたその大地が、カッパドキアです。気球に乗って空から眺めるのも素敵ですが、カップルにおすすめなのが、バギー・ツアー! ガイドを先頭に、バスでは行けないような奥地まで散策できます。2人乗りができるので、カップルで運転を交替しながら疾走感を味わえば、忘れられないひとときになるのではないでしょうか。

そして、もう一つ立ち寄りたいのが、ギョレメ野外博物館。こちらは約30の教会が公開されており、鮮やかなフレスコ画を見ることができます。中でもカランルク・キリセ(暗闇の教会)にあるものは保存状態が良く必見です。

ほかにも、ラクダに2人乗りをして記念撮影ができたり、奇岩群を利用した多くの洞窟ホテルがライトアップされた夜景はとてもロマンチックで、カップルで訪れるのにピッタリな街といえるでしょう。

③絶景と温泉が楽しめる「パムッカレ」

Misaki Tachibana「真っ赤な国トルコ – 旅の始まり(イスタンブール・サフランボル・カッパドキア・パムッカレ・ベルガマ) 」より

古代からの温泉保養地であるパムッカレは、真っ白な石灰棚が広がり絶景を目にすることができる世界遺産です。石灰棚のところどころに温泉水が溜まっているので、足湯をしながら景色を堪能できます。

この石灰棚を望む丘の上に広がっている都市遺跡「ヒエラポリス」も見どころが多く、壮大な劇場や神殿の跡を見ることができます。中でも約2万人を収容したという円形劇場の眺めは圧巻で一見の価値ありです。大理石の柱などヒエラポリスの遺跡が沈んでいる温泉プールもあるので、ここでゆっくり疲れを取るのもいいかもしれませんね。

そして、ここからは美しいサンセット(日没)が見ることもできます。真っ白な石灰棚がオレンジ色に染まる光景は最高の思い出として心に残ることでしょう。

さいごに

このように魅力満載のトルコは、カップルで訪れると、より親密になれること違いなしです。ゆっくりと時間をかけて丁寧に鑑賞することができれば、より歴史や文化を体感できる旅になりそうですね。

(ライター:小林香織)

Photo by: Alice「【トルコ】17000円の価値あり☆カッパドキア 気球ツアー

圧倒的なお得感!世界遺産クルージングおすすめスポット3選
[世界の一秒]トルコのカッパドキアで出会った、おばあちゃんの味

トルコの旅行記はこちら

*Misaki Tachibana「真っ赤な国トルコ – 旅の始まり(イスタンブール・サフランボル・カッパドキア・パムッカレ・ベルガマ)
*Alice「【トルコ】17000円の価値あり☆カッパドキア 気球ツアー
*kiki「トルコひとり旅

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP