ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

一度は食べたいフードトラック5選

DATE:
  • ガジェット通信を≫


美食家が多いといわれるアメリカ西海岸で最近人気なのが、世界各国の料理が手軽に味わえる絶品フードトラック。美味しいとの情報はSNSを通じて拡散され、瞬く間に行列ができるとあって、レストランで活躍中の実力派シェフがフードトラックで腕試しするケースも増えているのだとか。

【もっと大きな画像や図表を見る】

そんなフードトラックを舞台にした映画『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』は、一流料理店の元シェフが、フードトラックに乗り込み、料理への情熱と家族との絆を再確認するロードムービー。その主人公が腕をふるって提供するのが絶品のキューバサンドイッチだ。

ジューシーなお肉の上に溶けたチーズが重なり、カリっと焼き上げたパンが見た目にも美味しそう。とはいえ、そんな絶品料理が食べられるのは海の向こうの話…と思いきや、日本にも「キッチンカー」と呼ばれる様々なフードトラックあるのだ!

そこで、ネオ屋台村を運営するワークストア・トウキョウドゥの石澤正芳さんに協力してもらい、「一度は食べたい、都内の絶品フードトラック」を5つセレクトした。

1.【TOKYO PAELLA】(パエリア)
スペインやロンドンで修業したシェフによる週替わりのパエリアが楽しめるフードトラック。サラダと、副菜となるタパスorスープがついたセットも選べる。魚介や鶏の旨みに加えて、ハーブが渾然一体となった重層的な味わいに大満足!

2.【jungle Foods】(カレー)
ゼブラ柄の車体が目を引くミートカレーのフードトラック。お肉とトマトのコクが深い味わいを感じさせるカレーの上に、バジルチキンやほうれん草、スクランブエッグなど数種類ある食材の中から好きなものを3種類トッピングできる。カラフルで目にも美味しいと評判も上々!

3.【栄屋】(やきそば)
B-1グランプリでもナンバー1に輝いた、秋田県横手市の名物「横手やきそば」の公認フードトラック。かつおだしと鶏がらスープを効かせた少し甘めのソースに、半熟目玉焼きが絶妙のコンビネーションを奏でるご当地やきそばは、ヤミツキの味!

4.【マルシェ】(フレンチ・洋食)
フランス料理ほか幅広いジャンルの料理を研究したシェフが手がける肉系フードトラック。程よく焼き上げた真空調理の「ローストビーフ」や赤ワイン風味の甘くない「大人のハヤシライス」ほか、日替わりメニュー多数あり。リーズナブルな値段で贅沢気分が味わえる。

5.【和食しの】(和食)
実は意外と少ない和食系の中で、抜群の人気を誇るのが和食旬菜弁当のこちら。ヘルシーな雑穀米と副菜のほか、メインとなるおかずを4種類の中から2品選べる。しっかりとした職人の技が感じられるお惣菜は、一度食べればファンになること請け合いだ。

今回ご紹介したのは、競争の厳しいフードトラックの世界で、固定ファンもついている人気店ばかり。「味の追求はもちろん、トラックのディスプレイにも気を配り、お客さんとも積極的にコミュニケーションをとっているのが人気店の特徴」(石澤さん)だとか。

映画でも、シェフたちの抜群のコンビネーションで饗される絶品サンドと楽しげな雰囲気はツイッターで拡散し、人々を魅了していく。味だけでなく、トータル的な魅力を丸ごと味わえるのもフードトラックの醍醐味なのだ。

ちなみに今回紹介した店舗の出店状況は、常に移動ができるだけあって変動必至。詳細はネオ屋台村のホームページで確認できるほか、各店舗がSNSなどで独自に公開している場合があるのでチェックしてみよう。

そろそろ春めいた陽気になってくる頃だし、美味しい料理が香るフードトラック巡りに繰り出してみてはいかが!?
(足立美由紀)
(R25編集部)

一度は食べたいフードトラック5選はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

新型ランチデリバリーが続々登場
今年注目「日本初上陸」グルメ5選
「はしっこグルメ」ブームの予感?
一度は食べたい!深夜の絶品グルメ
多種多様! ドライブスルーの進化

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP