ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カラーリングもカスタマイズできるMaterial DesingのAndroid用ターミナルアプリ「Material Terminal Emulator」が登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android 端末で Linux のコマンドを実行するのに利用される定番のターミナルアプリ「Android Terminal Emulator」を Material Design 仕様に改変した「Material Terminal Emulator」が登場しました。このアプリは、XDA Developers でベータテストが行われています。本家の Android Terminal でも一部のカラーリングは変更できるのですが、依然として Holo テーマのままです。それを Android 5.0 で基本の 新しい Material Design に変更し、さらに、アクションバー、背景色、文字色をも別に変更可能にしたのが「Material terminal Emulator」になります。機能的は本家と変わりません。ターミナルのカラーリングは設定メニューでカスタマイズできます。「Terminal Color」は背景、「Terminal Text Color」はコマンド文字色、「Primary Color」はアクションバー等の色です。それぞれ、16 色のパレットから色を選択できます。Source : XDA Developers


(juggly.cn)記事関連リンク
Ingressが3月にもAndroid Wearに対応
CloveがXperia E4g(E2003)の予約受付を開始、価格は約19,000円
mmbi、新サービス「NOTTVパック」を3月2日より先行販売、購入者にはオリジナルスマートフォンスタンドがプレゼント

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。