ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

村田兆治氏 門田博光氏にサヨナラHR打たれスライダー封印した

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 週刊ポスト増刊『プロ野球&甲子園 甦る伝説』が発売された。発刊を記念して、元ロッテオリオンズのエース・村田兆治氏が「エースの条件」について振り返った。

 * * *
 野球はメンタルが強く影響するスポーツで、信じられるものは自分しかない。特に投手はそうだ。野手や相手打者のせいにしたい気持ちをグッと抑えて、失敗から学ばなければいけない。
 
 実は私が練習の虫といわれるようになったのも「サヨナラ」が原因だった。南海の門田博光にサヨナラホームランを打たれたのがきっかけだ。完璧と思って投げた内角低めギリギリのスライダーをスタンドに運ばれた。それからスライダーを封印してストレートを磨きに磨いた。負けを素直に受け止めないと成長はないのだ。

 もちろん簡単なことではない。サヨナラ負けをするとその日は悔しくて寝られない。そのうえ打たれる球は決まって最高の1球ということが多い。目を瞑っても”最後の1球”が頭に浮かんでくる。次の登板まで不安がつきまとい、そのバッターと対戦すると打たれたシーンが脳裏に甦ってくる。だが、その恐怖を乗り越えないと一流ピッチャーにはなれない。

 私は打たれたコースと同じ球で勝負した。そこで打たれたらまた同じ球で勝負する。それでしか克服できないと思った。今のようなデータ野球では同じ球を投げさせない。だから大エースが誕生しないのではないかと思う。大投手と呼ばれる人はそうやって相手をねじ伏せてきたものだ。

 たった1球の失投でゲームが決まるが、それがプロ野球の醍醐味である。だから「野球は筋書きのないドラマ」と言われるのだと思う。

※週刊ポスト2015年3月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
西武渡辺監督 投手責めぬ裏に高校時代の2度のサヨナラ負け
王に756号打たれた鈴木康二朗 打たれた賞品の受け取り拒否
ソフトバンク秋山監督 大胆采配のルーツは高校時代の被弾

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP