ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

北別府学氏「新井貴浩復帰など得点力アップ」と広島優勝予測

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 広島東洋カープ一筋、通算213勝を挙げた元エースがセ・リーグの順位を予想、広島優勝を宣言した。予想は以下の通り。

【1】広島【2】巨人【3】阪神【4】横浜【4】ヤクルト【4】中日

「ここ何年かの広島の課題は、点が取れないために勝てなかったということ。それが今年は新井貴浩の復帰に加え、ドラフト1位の野間峻祥が入団。新外国人のグスマンなど、いい補強をして得点力は上がった。投手陣も、昨年のメンバーに黒田博樹が復帰加入するだけで大きな力になる。トップを争うチームであることは間違いありません。

 対抗馬となるのは巨人です。何といっても地力はピカイチ。しかし今年は補強らしい補強をしておらず、阿部慎之助をはじめ高年齢化しているため、今の段階では広島の方が上です」

 この2球団に肉薄するのは阪神だ。

「鳥谷敬がメジャーに行っていれば危なかったが、十分戦えるチームになっていると思います。残りの3チームは戦力的に阪神より落ちる。ただこの3つは非常に微妙。Bクラスの順位づけは勘弁してください(笑い)」

※週刊ポスト2015年3月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
金村義明氏が中日最下位を予想「谷繁がマスク被るようでは」
松坂大輔「キャンプを見る限り全盛期にはほど遠い」と金村氏
阿部慎之助「こんなにスリムなら捕手でエエやん」と江本孟紀

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。