ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

思い立ってシンガポールから日帰りで「海外」旅行に行ってみた

DATE:
  • ガジェット通信を≫


シンガポールはインドネシアのバリ島やタイのプーケット、クラビなどのビーチリゾートが飛行機で1〜3時間圏内にあり、いつでも気軽に南国のリゾートに行けるのも魅力の一つ。

でもそこまでも足を伸ばさずに近場で行ける「海外」もあります。

例えば、シンガポールからフェリーで1時間以内で行ける、インドネシアのビンタン島。

かつては多くの海賊が拠点としていたことから海賊島として知られた島ですが、今はインドネシアが国としてバリ島に次ぐ観光地としてイチオシならぬニオシのリゾート地となっています。

ビンタン島には比較的安価で楽しめるゴルフコースがあるので、週末ゴルフにシンガポールから訪れる人も多いこの島に、今回は日帰りで行ってみました。

高速フェリーに乗って50分程度で、もうそこはインドネシア。

小さなフェリーターミナルですが、ちゃんとパスポート審査もあります。フェリーターミナルを出るとすぐそこには南国のビーチが広がります。

シンガポール国内にも人工のビーチはありますが、こちらは天然のビーチな上、人も少なく、美しい砂浜を思う存分満喫できます。

夕方まで存分に楽しんだ後はまた快適にフェリーで帰国。まさに週末にちょっと思い立って出かける気分で気軽に行ける「海外」です。

ゴルフやウォータースポーツ以外には、これといった魅力はまだまだ少ない島ですが、リーズナブルな価格でのんびりしたいという人にはぴったり。3月以降は乾期に入るのでベストシーズンです。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP