ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「日本アニメ(ーター)見本市」を”聴こう”! OTOTOY独占ハイレゾ版、サントラ配信開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

庵野秀明率いるスタジオカラーとニコ動などでおなじみのドワンゴによる共同企画、さまざまなクリエイターによる短編アニメを毎週1本、サイトで公開している「日本アニメ(ーター)見本市」。OTOTOYにて、各作品のサウンドトラックが独占ハイレゾ・ヴァージョンで配信開始。

『機動戦士ガンダム』や『エヴァンゲリオン』といった人気アニメの関連、スピンアウト作から、新たな才能までを一挙に見渡すことができる、5分程度の短編アニメによる「見本市」、それが「日本アニメ(ーター)見本市」だ。まずはサイトにてそれぞれの本編を見て欲しいのだが、短編アニメという限られたタイムラインのなかで、表現として音は重要なウェイトを占めているのがよくわかる。

今回、そんな「見本市」で公開された初期の4作品、「龍の歯医者」、「HILL CLIMB GIRL」、「ME!ME!ME!」、「Carnage」のOTOTOYでの独占ハイレゾ配信が開始された。それぞれ順番に、小山嘉嵩、Yasuyuki Sasaki、TeddyLoid、星野純一が手がけている。話題の女子高生ラッパー、daokoが参加したTeddyLoidによるアグレッシヴな「ME!ME!ME!」のエレクトロ・チューンなど音楽的にも注目。

配信開始とともに、監督、さらに音楽を手がけたアーティストたちへのインタヴューを掲載した特集ページもOTOTOYで公開。

また、来週3月6日より、第2弾となる作品群もOTOTOYでのハイレゾ独占配信が決定している。(河村)

・「日本アニメ(ーター)見本市」のOTOTOY独占ハイレゾ配信特集ページ
http://ototoy.jp/feature/20150227

・「日本アニメ(ーター)見本市」本サイト
http://animatorexpo.com

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP