ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

安室奈美恵の名曲を使用した、謎のアニメーションエンドロール動画が話題に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2月24日未明より安室奈美恵の名曲「SWEET 19 BLUES」、「TSUKI」、「CAN YOU CELEBRATE?」を使用した3作のエンドロール映像がYouTubeに公開され、「この映像は何?」「安室ちゃんの曲がアニメ主題歌に?」「次のドラマ主題歌?」「なぜか泣ける」など話題となっている。

これらの動画には、安室奈美恵の名曲「SWEET 19 BLUES」、「TSUKI」、「CAN YOU CELEBRATE?」が使用されており、どれも80年代のアニメでよく見られたキャラクターの静止画を使用したつくりになっている。さらに、「キャスト:内山理名、岡田義徳、浅見れいな、西村雅彦、主題歌:安室奈美恵『SWEET 19 BLUES』、『TSUKI』、『CAN YOU CELEBRATE? 』イラスト hima://、TOKIYA SAKBA、pomodorosa 監督:筧昌也 『あなたに逢いたい』制作委員会」のテロップが表示され、最後に「あなたに逢いたい」というタイトルと思われる表記もある。

分かっている情報はこれが全てで、オフィシャルHPなどは見当たらず、「あなたに逢いたい」がドラマなのか、映画なのか、アニメなのかも定かではない。エンドロールに使用されているイラスト作品は、海外に向けてアニメや漫画・ゲームやからファッションまで、日本のポップカルチャーコンテンツを発信している「Tokyo Otaku Mode(以下:TOM)」上で、つい先日、各楽曲名をタイトルに冠して発表されたもの。TOMには国内外のクリエイターたちが自由に作品を発表できるスペースがあり、本件のイラストの作者たちは、いずれもスペシャルクリエイターとして参加している。

イラストに登場するhima://は、イラストレーターとしての活躍のみならず、インディーズブランド「SEiTEKiSATSUi」の代表を務める。代表作「MEMEO」はTumblrなど各種SNSでの人気を博する。昨年のシブカル祭にも参加し、「GYFT」や「ZIgg」といったファッション・ブランドとのコラボレーション、しゃれおつカンケイ×2.5DのTシャツなど、新世代の渋谷系カルチャーの中で異彩を放ち、フランスのオンデマンド番組でも特集されるなど新進気鋭。

pomodorosaは、西尾維新の「りぽぐら!」や小学館ライトノベル大賞ガガガ大賞受賞の大桑八代「カクリヨの短い歌」など数多くの小説カバーや挿絵を手掛け、自身はイラストレーターとしてだけでなくCM音楽作家としてキャリアを積んでいる多才。音楽とイラストの世界観を融合した表現方法のひとつとして、2013年の春にインディーズバンド「isopons」を結成している。

TOKIYA SAKBAは、ソリッドなキャラクターとグラフィックをクロスオーバーさせた作風で近未来的な世界観を描くイラストレーター。ピンナップやCDジャケットをはじめ、ポケモンカードゲーム用パッケージ及びカードのイラストやファッションブランド「PredatorRat」でのコラボ、Tokyo Game Showでのライヴペインティングなど、様々な媒体で作品を発表。2012年にイラストレーベル「sKILLupper.NET」を発足、主催を務める。

このエンドロール動画が一体何の序章なのか、公式の発表を待ちたい。

「SWEET 19 BLUES」使用

「TSUKI」使用

「CAN YOU CELEBRATE?」使用

関連リンク

安室奈美恵 オフィシャルサイトnamieamuro.jp
安室奈美恵 Facebookhttps://www.facebook.com/NamieAmuroOfficial
安室奈美恵 レーベルサイトhttp://avex.jp/amuro/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。