体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「良い意味での“二面性”は個性」ピンク・ベイビーズ栗山莉奈さんインタビュー

ピンク・ベイビーズ栗山莉奈

ピンク・ベイビーズ栗山莉奈さんインタビュー

「UFO」「ペッパー警部」「ウォンテッド(指名手配)」など、誰しも一度は聴いた事があるピンク・レディーのナンバーを歌い踊り継ぐユニット「ピンク・ベイビーズ」。2013年のプレデビューイベント、2014年8月の初ワンマンライブ、10月と11月のフランスでのステージと着々と活躍の場を広げています。

メンバーは総勢14名、平均年齢15歳とフレッシュかつダイナミックなパフォーマンスが魅力です。メンバーそれぞれに夢、好きなこと、得意分野があり、個性たっぷりのピンク・ベイビーズ。今回は最年長のお姉さんメンバー栗山莉奈(くりやまりな)さんにインタビュー! ダンスを始めたきっかけ、今後目指したいアーティスト像など色々とお話を伺ってきました。

【関連記事】「いつもはふんわりマイペース、ライブではキリッ」 ピンク・ベイビーズ佐藤琴乃さんインタビュー
http://getnews.jp/archives/794857 [リンク]

良い意味の“二面性”が個性!「MC中の私は別人なんです」

――先日イベントを見させていただきましたが、栗山さんのMCがハキハキしていてとても素敵でした。

栗山:ありがとうございます! でもあれは表の私で、本当は全然違う子なんですよ(笑)。

――違う、というのは?

栗山:ピンク・ベイビーズのメンバーとして、ライブやニコ生でMCをする時は「ちゃんとやらなきゃ」って気持ちが強いから喋れるんですけど、普段の私は「無」です。

ピンク・ベイビーズ栗山莉奈

――無! オンとオフの自分をちゃんと切り替えられるんですね。

栗山:ライブやニコ生の時は責任感で喋れているだけで、普段は無で何も考えていないですね。ほとんど怒らないし、泣かないし、ニコニコ笑っている事が多いので、お母さんやお友達がライブに来てくれると「いつもより感情が分かりやすいね」って言われます。入学式の時に白いセーターを着ていたんですけど、あまりにも私が大人しいから皆に「白ウサギちゃん」ってあだ名を付けられて。でも、だんだん仲良くなってくるとブラックな面が出て来て「黒ウサギちゃん」ってあだ名が変わって。

――(笑)。でもそれってちょっと嬉しいですよね。本当に仲良くなって自分の内面を知ってくれた、みたいな。

栗山:そうですね、「黒ウサギ」って呼ぶって事は相当仲良くなった子なので。自分のそういった、良い意味での“二面性”は個性なのかなと思います。

――本当、こうしてお話をしていると人見知りだなんて全然感じません。

栗山:良かったです。人見知り過ぎて、中学一年生の夏に先生とお母さんと三者面談で「本当に誰とも喋らないね」って言われるくらい。でも、そんなに人見知りなのに応援団に入っちゃったんです(笑)。学ランが格好良く見えて、憧れだったんですよね。中学三年間みっちり頑張りました。

――とっても華奢なのに結構ガッツがあるんですね。

栗山:小学校の時からバスケットボールをやっていたり、陸上競技大会に出たり、体動かす事は大好きです。

――では一番得意な科目も体育?

栗山:はい! 体育は得意で足も速かったんです。でも、14歳の時にバスケで人生初骨折をしてから足が遅くなってしまって……。たぶんギブスをずっとしていたので筋力が落ちて足が細くなったのが原因だと思います。

芸能界を目指したきっかけは『ドラえもん』 レッスンはストイックなのにマイペース!

――栗山さんが芸能界に興味を持ったきっかけはどんな事だったんですか?

栗山:小学生の頃、ドラえもんの映画の声優オーディションがあって、それに応募したのが始まりです。ドラえもんが大好きで、お誕生日に友達にドラえもんの抱き枕をもらって、毎日抱きすぎてカタチが変わっちゃうほどに愛用してます。

その後、13歳の時に塾のチラシのモデルをやって、その後に原宿でもらえるフリーペーパー「JOL」でadidasのバッグのモデルをやらせてもらって。芸能界に興味を持ったのは『ドラえもん』の声優オーディションからですが、その後はたくさんオーディションを受けました。「とりあえずやってみよう!」の精神で、色々とチャレンジしてみようと思って。

――結構行動力があるんですね!

栗山:だから人見知りなのに、応援団とか生徒会とか色々やっちゃうんでしょうね(笑)。

ピンク・ベイビーズ栗山莉奈

――ピンク・ベイビーズのオーディションを受けたきっかけは?

栗山:お母さんにも手伝ってもらって、本当にたくさんのオーディションを受けていたのですが、その中の一つにピンク・ベイビーズがあって。ピンクレディーさんの曲はお母さんがよくカラオケで歌って踊っていたので、知っていました。オーディションの時は「ペッパー警部」を歌ったんですけど、最初から歌詞を間違えました。そのまま歌い続けましたが「あ、終わったな」と。ワンコーラス後のフリーパートでもダンス踊らなかったし(笑)。

――ダンス嫌だったんですか?

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。