ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カニエ・ウェストがベックおよびブルーノ・マーズにも謝罪

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 【ブリット・アワード】では新曲「オール・デイ」を披露、今週は【BET Honors】でヴィジョナリー賞を受賞し、ご機嫌なカニエ・ウェストが、ベックやブルーノ・マーズに対して謝罪した。

 先日の【グラミー賞】でベックが最優秀アルバム賞を受賞したことに“相応しくない”と述べていたウェストだが、2月26日にツイッターにて「ベックに対し正式に謝罪したい。ベック、申し訳ない」と綴った。

 ウェストはさらに、我々がその存在を知らなかったブルーノ・マーズとの揉め事についても謝罪した。ウェストがマーズを嫌っているのは見え隠れしてきたものの、現在は“彼がアーティストとしてやっていること”を尊敬しているとし、マーズに自分の曲のフックを歌って欲しいとの意向まで示している。しかも、そのビデオの監督をタイラー・ザ・クリエイターに務めてもらうよう依頼しているようだ。

 ウェストのツイッターには、「俺はまた、ブルーノ・マーズに対しても正式に謝りたい。以前は彼のことが嫌いだったが、アーティストとして彼がしていることは本当にリスペクトしている」「また、ブルーノには88キーズとパフと俺がプロデュースした曲でフックを歌って欲しいと思ってるんだ……ビデオはタイラーに撮ってもらうようお願いをしている」などと綴られている。今後どうなるのかはお楽しみだ。

関連記事リンク(外部サイト)

レニー・クラヴィッツの3月来日公演が中止 本人からのコメントも
リチャード・トンプソン 全身に染み渡る魔法のようなギター・プレイと燻し銀の歌。余裕綽々で紡ぐリチャードのブリティッシュ・ミュージックに浸る夕べ。
マーク・ロンソン&ブルーノ・マーズ 米ビルボード・シングル・チャート驀進中!遂に8週目の1位に

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP