ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

専門家が注目 はちみつやメイプルシロップに代わるハーブ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 思い込みや勘違いはいろいろあるけれど、私たちの生活に身近な「食」に関しても、間違ったイメージを持ってしまったり、意外な組み合わせが体に良かったりする“勘違い”があることも。食材や調味料など、流行する理由はあれこれあるし、食べ物を選ぶ時の判断基準として、やはり「健康にいい」という情報は気になる。

「健康のことを考えたら、ラーメンはトッピングした方がいいんですよ」というアドバイスをくれたのは、多くの食品関連企業にヘルシー商品の考案やプロデュースを行なうほか、TVや雑誌メディアでも活躍する管理栄養士・健康運動指導士の浅野まみこさん。ラーメンをオーダーする際に、カロリーを気にしてトッピングを我慢するという人もいるが、どんなトッピングでもいいのだろうか?

「どんなトッピングにも良い部分はありますね。まずは、わかめ・もやし・ネギ。わかめにはナトリウム(塩分)排出を助けるカリウムが含まれますし、食物繊維は脂質の吸収を抑えてくれます。もやしも同じく、食物繊維の働きが期待できる食材です。また、ネギにはアリシンという成分が、ビタミンB1の吸収を高めてくれます。

 それにチャーシューも、脂身が多いものは控えた方がいいですが、お肉のしっかりしたものはオススメ。豚肉に含まれるビタミンB1は、糖質などの代謝に必要な栄養素です。ですから、ビタミンB1とその吸収を高める『ネギチャーシュー』の組合せは、脂質や糖質の多いラーメンのトッピングとして、かなりいいと考えられるでしょう」(浅野さん)

 さらに浅野さんは、こうした“組合せると、いいもの”は、他にもいろいろあるという。

「コンビニなどでも気軽に買えて、人気の高い唐揚げ。お店などではレモンが添えられることもありますが、基本的に揚げ物の油は体を酸化させるのが、健康に良くないポイントなので、抗酸化物質を手軽に摂ることができる野菜ジュースはいいですね。コンビニで買う時に、組合せて買えますから、一緒に摂るようにしてください。同じく揚げ物では、トンカツにはパセリ。付合せの定番・キャベツも食物繊維が摂れて良いのですが、ベータカロテンが豊富なパセリも一緒に食べるようにしましょう」(浅野さん)

 そんな浅野さんが“今後、注目の食材”として挙げてくれたのは、甘みのある「ハーブのステビア」だ。ステビアというと、食品や清涼飲料水などの原材料でよく目にするだけでなく、最近では、新発売の緑のコーラ『コカ・コーラ ライフ』の甘味料としても話題となった。しかし、考えてみると“どんな特徴があるのか”意外と知らない食材でもある。

「ステビアはキク科の植物で、ハーブとしては、日本ではあまり認知されていませんが、専門店等ではハーブティーとしても販売されています。最近は、自然派志向の方が多くなっているといったトレンドを背景に、甘みについても、自然に近い形で使えるはちみつやメイプルシロップが人気になっています。そうした流れの中で、ステビアも注目されるハーブのひとつ。甘い紅茶を飲みたいときは、茶葉の中にステビアのハーブをひとつまみ入れてみてください。ナチュラルで、しっかりした甘みが感じられると思います。

 また、何よりステビアのいいところは、はちみつやメイプルシロップに比べ、カロリーが低いこと。ナチュラルで、カロリーがほとんどないというのは、ステビアの大きなメリットです」(浅野さん)

 ハーブの自然な甘みや低カロリーというだけでなく、ステビアのある特徴も、食材としての使いやすさに繋がるという。

「ステビアの甘みは熱にも強いので、調理でそれが失われることはありませんし、お料理などにもステビアで甘みを加えることができると思います。例えば、煮物をする時に、甘みとして、ステビアのハーブティーをティーバッグのようにして入れて使ってもいいですね。また、酢の物を作る時には、結構な量の砂糖を入れなくてはなりませんが、『健康のために酢の物を食べたい、でも砂糖はカロリーが高くなるので、使えない』といった時にはステビアを利用して、低カロリーの酢の物を作ることができるでしょう。

 糖の甘みというのは、人間が一番必要なエネルギー源です。しかし、甘みに慣れてしまうと、摂取カロリー過多になってしまいます。それをきちんと認識しながら、甘みで脳を満足させて、カロリーは適切に摂るということが重要ですが、ステビアはこのような点においても、ほとんどカロリーがないので使いやすいハーブだといえますね」(浅野さん)


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ラーメン二郎 キアヌ・リーブス常連で「野菜マシマシ」注文
ヒレカツとロースカツのカロリー 15%ほどしか違わない理由
アサイーボウルの次にくる? 人気朝食「ピタヤボウル」とは

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP