ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

初MC挑戦の杉村太蔵「バラエティーにやりがい感じている」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 初著書『バカでも資産1億円「儲け」をつかむ技術』が話題の杉村太蔵(35才)が、今度は初MCに挑戦することになった。BSジャパン『「働く」って、なに?~2015若者の選択』(2月28日午後4時~5時放送)で、若者の働き方の実態に迫る。

「毎週、スタッフのかたから“今週、あいてますか?”と確認の電話が来るんですよ」

 初出演から5年経った今でも、『サンデー・ジャポン』(TBS系)では、本人いわく「毎回、ゲスト出演」らしい。大きなリアクションで食レポをするなど、“体当たりキャラ”は今やおなじみだが、今回はマジメな番組で、MCに加えてインタビュアーとして、実際に若者に会いに行き、若年層の雇用問題をリポートする。

 収録では電話取材で、大手企業の内定を蹴って起業を選んだ東大生の父親に直撃。「古いようですが世間体はありますからね~」「イヤなことを言うようですが、起業に失敗したら親として子とどう接するつもりですか?」相手の立場に寄り添いながらも、核心を突くストレートな質問で複雑な親の心理を引き出していく。質問事項はすべてアドリブ。巧みなインタビュアーぶりにスタッフも“そうそう”と大きく頷く。

 シェアハウスで暮らしながら起業を目指す4人の若者にもズバッと切り込んでいる。

「自己実現のために働く」と語る彼らに対して、それまで聞き役に徹していた太蔵氏は「ぼくは女房、子供を食わせるためです」とキッパリ。

「本当は証券マンや政治家をやりたい気持ちもある。でも、今ではバラエティーの仕事をいただくようになってやりがいを感じてやっている。守るものがあるのはつらいところもあるけれど、女房、子供がご飯を食べている姿を見ると頑張ろうと思える」

 選挙で落選し無職のどん底を味わったからこそ言える説得力のある言葉だった。この日の収録では、たったひとりで現場に入った太蔵氏。芸能事務所に所属していないため、スケジュール管理から、ギャラ交渉、打合せまですべて自分ひとりで行っている。もちろん、マネジャーもいない。それを5年間続けられるのは、家族を養うためなのだ。

撮影■浅野剛

※女性セブン2015年3月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
杉村太蔵 東大出るより携帯に5秒で出るほうが出世につながる
資産1億 杉村太蔵の信条「目の前の仕事を一生懸命やること」
杉村太蔵 大学中退、就活失敗、時給800円清掃員時代を語る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP