ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アドレナリン受容体へ作用し内臓脂肪を低減させるえのき成分

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 低カロリーで食物繊維が豊富、価格も手頃ということで、身近な健康食品として人気を博しているきのこ類。その中でも、年間生産量13万3500トン(平成25年/林野庁調べ)と、きのこ類として最多を誇るえのき茸が「内臓脂肪に働きかける成分」を含んでいるとして注目を集めている。

「白くて華奢なのに、鍋料理に入れて煮込んでも噛み切れないほど歯ごたえがあり、消化にもあまりよろしくない(笑)。このきのこには、きっとまだ見つかっていない何らかの力があるに違いない、と以前から考えていました」

 こう話すのは、横浜薬科大学の渡邉泰雄教授。渡邉教授は、脳神経科学をベースに、食品科学・免疫科学・臨床薬理学と幅広い分野の研究を行っている。きのこについては、昔から薬効成分が含まれているものがあることが知られているが、渡邉教授が研究の中で出会ったのが、乾燥させたえのき茸を粉末にしたものに含まれるキノコキトサンという成分。

「この粉末を湯で溶いた『えのき茶』を8週間にわたって被験者に飲んでもらったところ、『便通がよくなった』『おなか周りがすっきりした』などの声が集まりました。そこで、CTスキャンを使って内臓を調べたところ、内臓脂肪が平均約23%減っていることがわかったのです。また、BMI(肥満指数)が25以上の肥満気味の人では特に、脂肪の減り方が大きいという結果も出ました」(渡邉教授)

 こうして約200症例を分析し、キノコキトサンには内臓脂肪低減に役立つ何らかの成分が含まれていると確信した渡邉教授は、キノコキトサンが内臓脂肪に働きかけるメカニズムを探る研究をスタートさせた。

「静岡県立大学の山田静雄教授、立教大学の常磐広明教授らと一緒に研究を進めた結果、キノコキトサンには4つの脂肪酸から成る独特の成分が含まれていることがわかりました。そして、この成分が内臓脂肪細胞のアドレナリン受容体に間接的に働きかけるというメカニズムが明らかになったのです」(渡邉教授)

 アドレナリンとは、体の機能を調整するホルモンの一種で、血糖量を調整する、心臓の働きを強めて血圧を上る、気管を広げるなどの作用があるという。

「運動するとアドレナリンが分泌され、アドレナリン受容体に作用して、『脂肪を燃焼させろ』という信号を送ります。キノコキトサンも同じように信号を出すため、運動したのと同じような状態になると考えています」(渡邉教授)

 渡邉教授らの研究チームは、この研究成果を論文にして2009年に発表。現在は、キノコキトサンのさらなる健康効果やメカニズムについて、研究を進めているという。そしてこのキノコキトサンを手軽に摂取するために、渡邉教授が考案したのが、手作りのえのき茶。

「えのき茸の繊維は非常に固く、よく噛んで食べたとしてもキノコキトサンを摂取するのはなかなか難しいのです。そこで、石突きを除いたえのき茸をバラバラにほぐしてから天日干しにし、細かく刻むという方法を考えました」(渡邉教授)

 干して刻んだえのき茸5gを保温水筒などに入れ、95℃程度の熱湯を300~500ml注いで、30分以上おけば、えのき茶の完成。電子レンジにかけるとキノコキトサンが壊れてしまうため、えのき茸を乾燥させたり、お茶を温め直したりするときは、電子レンジの使用は避けた方がいいという。また、“自分で作るのは、ちょっと面倒”という人向けに、昨今は乾燥させたえのき茸を凍らせたエノキ氷や、キノコキトサンを含む粉末なども市販されている。こうした商品を製造・販売する企業の中には、特定保健用食品の申請のほか、機能性表示食品としての届け出準備を進める動きもあるようだ。

「キノコキトサンが効果を発揮するのは、摂取して30分~1時間後。数回に分けて飲めば、内臓脂肪を刺激する回数が増えるので、さらに効果が期待できます。水筒に残ったえのき茸にも食物繊維などは豊富に含まれているため、そのまま食べても、みそ汁やカレーなどに入れても良いでしょう」(渡邉教授)


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
野菜じゃなくて実は菌類 栄養豊富で身体にいい「きのこ」
年齢と共に下がる代謝や栄養吸収力 対策に毎日のミルク習慣
ダイエット効果報道でえのきバカ売れ 内臓脂肪26%減の人も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP