ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

安仁屋宗八氏 巨人戦で1勝を挙げると査定では2勝分になった

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 元広島カープの安仁屋宗八(あにや・そうはち)氏は巨人戦の勝利数34。これは江夏豊(阪神、広島など)、星野仙一(中日)の35勝に次ぐ歴代8位の成績だ。1964年に広島に入団したのち、巨人キラーとなる原点の年となった1966年当時のことを安仁屋氏が振り返り、語った。この時代はまさに巨人のV9時代である。

 * * *
 この年から正式に監督になった長谷川(良平)さんから、こう聞かれたんです。

「名前を残したいか、成績を残したいか」

 初めは意味がわからなかったが、要は「巨人キラーになって名を残すか、勝てる球団に投げて勝ち星を残すか」という意味でした。

 僕は言える立場じゃないので「長谷川さんに任せます」と答えたら、「よしわかった」と、巨人戦にローテーションを合わせてくれるようになった。そこから巨人3連戦では1戦目は先発、2戦目はリリーフ、3戦目は抑えと3連投が当たり前になりました。

 今だから言えますが、巨人戦での勝ち星は2倍の評価を受けていました。つまり巨人戦で1勝をすると査定では2勝分。同じ勝ち星を挙げた投手よりも、給料は僕のほうが高かったと思いますね。

※週刊ポスト2015年3月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
通算奪三振記録の金田正一 新聞一面取るため禁じ手投げ達成
生え抜き多い今の巨人なら地上波で視聴率稼げるとTV局関係者
松岡弘氏 倉敷商業の1年先輩・星野仙一氏の高校時代を述懐

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。