体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Gacharic Spin、タワレコにて行われた新曲発売記念フリーライヴで200人が熱狂

Gacharic Spinが2月25日(水)、タワーレコード渋谷店にて「赤裸ライアー/溶けないCANDY」発売記念イベントを行った。

2月25日@タワーレコード渋谷店 (okmusic UP's)

本作品は両A面スプリットシングルということで「Gacharic Spin VS ガチャガチャダンサーズ」がテーマとなっており、初回盤A(GacharicSpinが表1)と初回盤B(ガチャガチャダンサーズが表1)の売り上げ勝負を繰り広げていたが、発売日の今回ばかりは一旦休戦。フルバンドでのフリーライヴが行われた。

まず、代表曲の「爆弾娘(ボンバーガール)」が演奏され、店内の空気が一変。そのあとに「今を生きてる」で一般客の関心を集め、3曲目の「溶けないCANDY」バンドVer.ではアイドル曲×超絶テクのコラボで圧倒。「赤裸ライアー」披露時には店内が熱狂の渦と化した。その後は「ダンガンビート」、ライヴではお馴染みの「WINNER」で締め、述べ200人越えの観客に対し、圧巻のパフォーマンスを披露した。

また、今作での多数の予約イベントやオリジナルコラボドリンクの販売を行ったタワーレコード渋谷店との第2弾コラボ企画として、彼女たちのライヴではお馴染みの「けん玉」がコラボデザインで販売されることが決まっている。販売時期など詳細は未定だが、そのほかのコラボ企画も鋭意企画中とのことだ。今後のタワーレコード渋谷店×Gacharic Spinの動きに是非注目してほしい。

3月からスタートする「赤裸ライアー」ツアーに向け、着実にファンを拡大しているGacharic Spin。5月3日に行われる渋谷公会堂でのワンマンライヴも期待大だ!

「赤裸ライアー」(Short ver.)
http://youtu.be/1kfFJYyZJ0o

「溶けないCANDY」(Short ver.)
http://youtu.be/p09Qw-N6Q8g

シングル「赤裸ライアー/溶けないCANDY」
発売中
【Type-A】(CD+DVD)
VIZL-774/¥1,667+税
<収録曲>
M-1 赤裸ライアー / Gacharic Spin
M-2 溶けないCANDY / ガチャガチャダンサーズ
M-3 赤裸ライアー(Inst.)
<DVD>
Gacharic Spin「赤裸ライアー」MV&メイキング

【Type-B】(CD+DVD)
VIZL-775/¥1,667+税
<収録曲>
M-1 溶けないCANDY / ガチャガチャダンサーズ
M-2 赤裸ライアー / Gacharic Spin
M-3 溶けないCANDY(Inst.)
<DVD>
ガチャガチャダンサーズ「溶けないCANDY」MV&メイキング

【Type-C】(CD)
VICL-37013/¥926+税
<収録曲>
M-1 溶けないCANDY / ガチャガチャダンサーズ
M-2 赤裸ライアー / Gacharic Spin
☆TX系アニメ「テンカイナイト」のアニメジャケット仕様

【通常盤】(CD)
VICL-37014/¥1,296+税
<収録曲>
M-1 赤裸ライアー / Gacharic Spin
M-2 溶けないCANDY / ガチャガチャダンサーズ
M-3 ヌーディリズム(LIVE VERSION 2014) / Gacharic Spin

◎封入応募特典決定
シングル全4形態購入者対象 「特製DVD」全員プレゼントキャンペーン!
Gacharic Spin「赤裸ライアー/溶けないCANDY」の、初回盤Type-A、初回盤Type-B、初回盤Type-C、通常盤の全4形態をご購入の上、当キャンペーンにご応募頂いた方全員を対象に、下記の「特製DVD」中から、ご希望のDVDを1点プレゼントいたします。

◎Gacharic Spin「赤裸ライアー/溶けないCANDY」特製DVD
A:「赤裸ライアー教則DVD」(F チョッパーKOGA編)
B:「赤裸ライアー教則DVD」(はな編)
C:「赤裸ライアー教則DVD」(TOMO-ZO編)
D:「赤裸ライアー教則DVD」(オレオレオナ編)
E:「赤裸ライアー振付DVD」(ガチャガチャダンサーズ編)
F:「溶けないCANDY振付DVD」(ガチャガチャダンサーズ)

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。