ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Peach機内食に日本コナモン協会のお墨付き「明石焼き」など新登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫


機内で本格的な「粉もん」を食べ比べ―――大阪・関西空港を拠点とする人気のLCC「Peach(ピーチ)」が、機内食「PEACH DELI」を3月1日からリニューアルするのに合わせ、既存のお好み焼きとたこ焼きに加え、明石焼きが新メニューに加わる。
Peachは、関西が拠点のエアラインとして、有料の機内食でこれまでも関西らしいメニューを続々と登場させてきた。2013年9月から老舗「千房」の鹿児島黒豚モダン焼き、2014年から「たこ昌」のたこ焼きを提供し、いずれも関西=台北や関西=香港といった国際線を中心に、外国人の搭乗客にも好評を博しているという。
そして今回、Peach とたこ昌が機内食用として本物の味を再現しようと、開発に6ヶ月かかったという「たこ昌の明石焼き」が登場。たこ昌の担当者によると「機内でいかにおいしく明石焼きのダシを提供するか、最終的に、特殊な容器の底にダシを敷き、上にツブを置いた状態で提供し、お客さんがダシをからめて食べるスタイルになった」といい、Peach側も「大手などの航空会社の機材と比べてシートピッチが狭い上、ダシがこぼれたら大変。試行錯誤を重ねてやっと完成した」と、苦労した経緯を語っていた。
これで3つの粉もんがそろったPEACH DELIは、大阪から粉もんの認知や普及などに務める「日本コナモン協会」(大阪市、熊谷真菜会長)から「だしツッコミ!認定商品」の提供店として認定を受け、授与式も行われた。

PEACH DELI にはほかにも新たなメニューが加わる。まるでみかんを食べているような味わいの「和歌山産 飲むみかん」、京都銘菓の生八つ橋「こたべ」の食べきりサイズも登場。特に、PeachオリジナルBOXにはPeachのかわいい機体が描かれていて、飛行機好き女子にはたまらない。さらに、売上の一部を開発途上国に支援する「カロリーオフセット対象商品」として、「春キャベツのハーブクリームソース リングイネパスタ」、「春のお花見弁当」もあり、どちらも野菜が豊富で見た目も彩り豊か、グルメな女子の心もお腹も満たしそうな人気商品になりそうだ。
いずれのメニューも、Peachに搭乗した人のみが味わえる(一部のメニューは路線限定)。Peach は3月29日から、成田空港発着の路線を拡大させる。ぜひPeachに乗って、機内でもこだわりの関西グルメなどを味わってみてはいかが?



 ピーチ Peach http://www.flypeach.com/
日本コナモン協会http://konamon.com/
(Written by Aki Shikama)

【Nicheee!編集部のイチオシ】
巨大空港でも存在感アリ! 尾翼にイヌイット「アラスカ航空」
【空旅のススメ】 機内食で「低カロリーミール」を頼んでみたら・・・
ANAの機内食「お粥」がおいしい理由

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP