ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夢アドメンバー自身も自撮りで参加した「DATE COUNT FIVE」MV公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

荻野可鈴、山田朱莉、志田友美、小林玲、京佳の5人からなるアイドルグループ“夢みるアドレセンス”。通称“夢アド”。メジャーデビューシングル「Bye Bye My Days」のカップリング曲で、Negiccoのサウンドプロデューサーであるconnieと、□□□の三浦康嗣のコンビが楽曲提供した「DATE COUNT FIVE」のミュージックビデオが、新たに開設された“夢アド Official YouTube Channel”で発表された。

監督を務めたのは、今回が初のミュージックビデオの演出となるOKBOY。この曲はもともと監督自身の「何回デートをしたら告白していいのか分からない」という実体験を元に、“5回目のデートでの告白は早いか?遅いか?女の子の気持ちとしてはどうなんたせろう?”というコンセプトを元に、そこから映像と詞が同時並行して制作されていった。ミュージックビデオの撮影時には、まだ断片的にしか歌詞とトラックが出来ておらず、撮影された映像と共に詞が、またトラックの構成と共に映像が編集されていくという、映像と音楽とか有機的に影響し合って完成した。

デート前のメイクから、洋服選びなど、女の子が好きな男性に振りむいてもらう時にふと見せる可愛い姿や表情を、ふんだんに収めた映像になっている。また、メンバー自身もカメラマンとして自撮りや、鏡越しの自画撮りなどに参加し、全てスマートフォンで撮影され、いわゆるフィルター加工やレタッチなど、いまや自撮りをする女の子たちならば誰もが写真や映像に行っている加工そのままに仕上げている。

なお、楽曲自体もこれまでライブなどで一度も披露されておらず、これが初の公開となる。connieによる90年代的ポップなメロディーラインと、□□□の三浦康嗣による最新のR&B的なリズムとストリングスのサンプルが印象的なトラックに身も心も躍らされるような、春のウキウキ感満載な曲になっており、凡庸なアイドルポップスとは一線を画した仕上がりだ。

そして、新たに“夢アド Official YouTube Channel”も開設され、先日GYAO!で先行公開され話題を呼んだタイトル曲「Bye Bye My Days」と共に公開されている。

さらにシングル発売週のインストアイベントも詳細が発表された。3月1日からは初の東名阪ツアーがスタート、ツアーファイナルは4月25日、自身最大規模の会場・中野サンプラザでの公演となる。

「DATE COUNT FIVE」ミュージック・ビデオ

リリース情報
シングル「Bye Bye My Days」(バイバイマイデイズ)
2015年3月18日発売

初回生産限定盤A(CD+DVD)AICL 2835-2836 1,700円(税込)

初回生産限定盤B(CD+DVD)AICL 2837-2838 1,700円(税込)

初回生産限定盤C(CD)AICL 2839 1,000円(税込)

通常盤(CD・初回仕様限定ステッカー封入)AICL 2840 1,000円(税込)

関連リンク

夢みるアドレセンス オフィシャルサイトhttp://yumeado.com/
■夢みるアドレセンス Official Twitter
https://twitter.com/Y_Adolescence(グループ)
https://twitter.com/karin_ogino(荻野可鈴)
https://twitter.com/akari_cham(山田朱莉)
https://twitter.com/Yuumi_Shida(志田友美)
https://twitter.com/Kobayashi_Rei(小林玲)
https://twitter.com/Kyouka_02(京佳)
■夢みるアドレセンス Official Blog
http://ameblo.jp/y-adolescence/(グループ)
http://ameblo.jp/ogino-karinn/(荻野可鈴)
http://ameblo.jp/yamada-akari/(山田朱莉)
http://ameblo.jp/sida-yuumi/(志田友美)
http://ameblo.jp/kobayashi-rei/(小林玲)
http://ameblo.jp/kyouka-tambourine/(京佳)
■夢みるアドレセンス SHOWROOMhttps://www.showroom-live.com/yumeado

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP