ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

無印、ユーザーの心拍数に合わせてリラックスできる音楽を自動生成する「Muji to Relax」を提供開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

無印良品がユーザーの状態に合わせてリラックスできる音楽を自動的に生成して再生する Android アプリ「MUJI to Relax」の提供を開始しました。このアプリは Google Play ストアで配信中の「Muji to Sleep」に含まれています。Muji to Relax は、ユーザーの心拍数と時刻からその人にとってリラックスできる音楽を自動的に生成してくれるリラクゼーション系のアプリで、心拍数は専用センサーではなく、カメラと LED フラッシュを用いて読み取る方式(脈拍から)を採用しているので多くのスマートフォンで利用できます。光学式の心拍センサーを模したものなのですが、専用センサーではないので精度に期待はできません。しかし、このアプリを利用するのに正確な心拍数は必要なさそうなので十分に機能すると思います。Muji to Relax は Muji to Sleep のメイン画面の左上に表示される「+」アイコンをタップすると利用できます。「Tap to Start」で心拍数の計測を開始し、完了すると自動的に Muji to Sleep とは異なるタイプの音楽が再生されます。Muji to Sleep と同様にタイマーも設定できます。

この機能は、微細なビーズとストレッチ素材のカバーでどんな態勢でも体にフィットするという「体にフィットするソファ」とセットで使うと良いと言われています。「Muji to Sleep」(Google Play ストア)


(juggly.cn)記事関連リンク
Bluedot、1万円以下でGoogle Play対応の7インチタブレット「BNT-710」を3月6日に発売
HTC One M9は、フロントカメラが1,300万画素のモデルと400万画素UltraPixelのモデルが存在?
仏Archos、ファブレットカテゴリの新型スマートフォン「Archos 52 Platinum」、「Archos 59 Xenon」、「Archos 62 Xenon」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。