ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ゲームが仕事に?日本初のプロ「e-Sports」チームが始動!

DATE:
  • ガジェット通信を≫
e-Sports

今回プロ化した『DetonatioN FocusMe』は、多くの大会で優勝してきた強豪チームだ。 © SANKO INC. All Rights Reserved.

「e-Sports」をご存知だろうか?最近良く耳にするこの言葉は「エレクトロニック・スポーツ」の略で、競技化されたコンピューター・ゲームのこと。その競技人口は、今や5000万人を上回るとも言われている。 中でも本格的なプロチームやプロリーグが数多く存在するアメリカでは、既に巨大な産業となっており、年間1億円以上を稼ぎ出すプレーヤーも存在する。

海外からやってくる「e-Sports」プレーヤーに対しては、政府から「アスリートビザ」が発行されると言うから、ひとつのスポーツ競技として公的にも認知されているということなのだろう。 もちろん日本国内にも「e-Sports」のシーンが存在する。しかし、その認知度はまだまだ高いとは言えず、選手たちの多くは余暇をやりくりして活動するのが一般的だ。そんな選手たちにとってシビアな状況に一石を投じたのが、今回「DetonatioN」が起こしたアクションである。

日本における「e-Sports」環境の向上を目指すこの団体は、超人気ゲーム『LOL』部門のチームを「DetonatioN FocusMe」へと再編し、ゲーム専業のプロチームとしたのだ。既に給与の支払いは開始されており、選手たちは共同生活を送りつつゲームの腕を磨くことのみに集中しているとのことだ。 まだまだ「たかがゲーム」と侮られがちな「e-Sports」だが、X-GamesのプレーヤーやYouTuberたちも、その黎明期には「遊びが仕事になるわけがない」と揶揄されていた。しかし結果はご存知の通りだ。ゲームの腕を武器に世界に打って出ようと意気込むアスリートたちの未来は、明るいものとなりそうだ。

e-Sports

『DetonatioN』 は「世界と渡り合えるチーム」を育てること目標に活動を続けている。

e-Sports

オリジナルユニフォームに身を包み、円陣を組む『DetonatioN FocusMe』の面々。

▼リンク
マルチゲーミングプロチーム「DetonatioN」
http://team-detonation.net/

カテゴリー : エンタメ タグ :
YATTAR JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。