ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

入社3年目で差がつくスキルとは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

これから春に向けて、新社会人として新たなスタートを切る時期。バリバリ仕事をするにも、力の入れどころは押さえておきたいところだ。そこで、首都圏在住の22~30歳の先輩社会人男女100人に「3年目で差をつけるのに、必要なスキルは?」を聞いてみた! その上位を見ていくと、第1位が「コミュ力」(65票)、第2位「理解力」(39票)、第3位「自己管理能力」(37票)と、いずれも社会人に必要な基本的なスキルが並ぶ結果に。

第1位 コミュ力(65票)
第2位 理解力(39票)
第3位 自己管理能力(37票)
第4位 行動力(27票)
第5位 IT力(26票)
第6位 提案力(24票)
第7位 情報収集力(20票)
第8位 分析力(18票)
第9位 企画力(16票)
第9位 英語力(16票)
※2015年1月に首都圏在住の22~30歳の社会人男女100人を対象にインターネット調査を実施。複数回答(アイリサーチ調べ)

【もっと大きな画像や図表を見る】

もちろん、これらのスキルは仕事を通して学ぶべきことだが、成長を後押しするツールがあれば、なお心強い。そこで、頼もしい相棒・東芝のdynabook2015年春モデルをしっかり駆使して、ライバルたちに差がつくスキルを吸収しよう!

■dynabook T75
4色展開の15.6型売れ筋ノートPC。ハイブリッドドライブ搭載で素早いファイルアクセス可能。Skype(*1)やビデオ通話の録画が可能なアプリ(*2)も標準搭載。社内外での「コミュ力」をグッと高める強い味方になりそうだ。

■dynabook KIRA V83
1台1台色調整(*3)した13.3型WQHD液晶、高音質なharman/kardonスピーカーを備えながら、薄さとデザイン、長時間駆動を実現した本格派ウルトラブック。友人もうらやむスペックで、若手に必要な「行動力」を高めよう。

■dynabook Tab S80
手書きメモや議事録、レポート作成など、「自己管理能力」や「理解力」の一助になる強力な機能を備えたペンタブレット。仕事に役立つ3つのアプリ「Truシリーズ」を搭載し、上司や先輩の信頼を獲得できそうだ。

■dynabook D81
TVやBD、レコーダーも備えた21.5型大画面の液晶一体型PCで「情報収集能力」を高め、上司や先輩に褒められよう。またONKYO製スピーカーも装備し、スマホの音楽をワイヤレスで聴きながら(*4)企画を考えれば「提案力」も高まる!?

さらに、新社会人にうれしいのは、何度でも無料の電話相談サービスや自分のPC画面を見ながら的確に説明してもらえる遠隔サポート、ウェブの事前予約でスタッフが電話をくれるWeb予約など、PCの操作方法やトラブルで困ったときに年中無休で「東芝PCあんしんサポート」が新生活を支えてくれる点だ。

そして4月30日まで、フレッシャーズ応援キャンペーンとして、dynabookとフリーマガジン『R22』とのコラボで生まれた、LINEで使える「フレッシャーズやる気ありまスタンプ」(全8種)を配布中! お近くの販売店のdynabook PC売り場近くのQRコードをスマホでスキャンし、キャンペーンサイトからダウンロードできるのである。

スキルアップはもちろん、LINEスタンプでの“やる気アピール”に至るまで、dynabookは新社会人をしっかりサポートしてくれる。まさしく新生活で頼れる相棒の、筆頭候補といえるかも!?

(*1)Skypeをご利用いただくには、別途アカウントの登録が必要となります。インターネット通信料はお客様のご負担となります。
(*2)Skypeなどの画面キャプチャと、キャプチャした動画の編集が可能です。
(*3)液晶の故障などで修理を行う場合は、出荷時と色調整方法が異なります。
(*4)PCの電源がONになっている必要があります。Bluetooth搭載のスマートフォンとあらかじめ設定(ペアリング設定)をしておく必要があります。
*私有デバイスの業務使用に際しては、お勤め先の規定に従ってください。
インテル(R) Core(TM) プロセッサー搭載。
インテル(R) Atom(TM) プロセッサー搭載。
最新のインテル(R)プロセッサー搭載の製品は、確かな性能をお手頃にお届けします。

ご購入はお近くの販売店へ
(R25編集部)

入社3年目で差がつくスキルとは?はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP