ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

家具のとりあえず買い6割強が失敗

DATE:
  • ガジェット通信を≫


この春、新生活がスタートするタイミングで、ひとり暮らしを始める人も多いのでは? 新居が決まったら、生活に必要な家具を揃える必要がある。なかでも、初めてのひとり暮らしは、ゼロからの準備が大変。「とりあえず必要そうだから…」と勢いに任せて購入してしまうと、実際に暮らし始めてから、あまり気に入らないインテリアに不満を招く結果になるかもしれない。

【もっと大きな画像や図表を見る】

新たな生活を始めた経験のある成人約900人を対象に行った調査によると、引っ越し経験のある成人の83%が「とりあえず買い」を経験。だが、とりあえず買った家具に満足しているという人はわずか35%で、なんと6割以上が買い直したり、後悔したりしているという結果が判明したのだ。

確かにそういわれてみると、必要だからという理由で大して吟味せずに買った家具のなかには、サイズが合わずにスペースを有効に使えなかったり、他のインテリアとマッチしないデザインで統一感に欠けるものが多かったり気が…。

ひとり暮らしを始めるタイミングでは、荷物も少なく、収納すべきものがあまりない。その時点で収納用品を考えると、将来的にキャパが足りなくなる可能性が高い。慌てて買わなくても、ある程度モノが増えてからじっくり選んだ方がいいだろう。

また、冒頭の調査によれば、自宅にお気に入りのスペースを持っている人とそうでない人を比べてみると、自分の部屋に対する満足度に大きな違いがあるそうだ。

新生活の準備に追われていても、間に合わせで家具を選ぶのは後悔のもと。せっかくのひとり暮らしなのに、気に入らないものを使い続けるのはいかにも残念だし、買い直すのも馬鹿らしい。最終的に満足のいく部屋を作りたいなら、気に入ったものをひとつひとつ計画的にチョイスすることが大切。そして、どこかひとつで構わないのでお気に入りのスペースを作ってみてはいかがだろう?

世界最大級のインテリアショップ「イケア」のサイトでは今、この春から新生活を始める人にぴったりな特集が組まれている。イケアで働く、ホームファーニッシング好きなコワーカーたちがおすすめする、新生活のヒント集など、部屋作りの参考になる情報がいっぱい。

さらに、簡単に登録できる「IKEA FAMILYメンバー」限定のお得なキャンペーン情報も。対象カーテン20%OFFのキャンペーンや、ベッドやソファなどの引き取りサービス無料キャンペーン(宅配サービス利用者限定)などを実施中だ。
(R25編集部)

家具のとりあえず買い6割強が失敗はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP