ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「隠れ家」の口コミ掲載 訴訟に

DATE:
  • ガジェット通信を≫


「隠れ家」をうたうバーの情報がグルメ情報サイト「食べログ」に掲載され、バーを経営する会社が情報の削除を求めて訴訟を起こしていた。これに対し、大阪地裁が原告側の請求を棄却したことが報じられ、ネット上でも話題になっている。

【もっと大きな画像や図表を見る】

バーには看板がなく、常連客や、その紹介で訪れた客を対象に営業しており、「食べログ」などのサイトに投稿しないよう呼びかけていたという。だが、ある客が「食べログ」に情報を投稿したことで問題に。判決では、バーがホームページで店名や所在地などの情報を公開していることが指摘され、「公開情報であれば掲載する」という方針から削除要請に応じなかった「食べログ」側の対応は「悪質とはいえず、違法と評価することもできない」とされた。

ツイッター上では、

「まあ、これは勝てないだろうねぇ。隠れてないし」

と、判決を支持する声がある一方で、

「お店は規約に同意して情報流してるわけじゃない。無断使用された情報は削除すべき。隠れ家が台無しよ?営業妨害よ? 」
「店側がこれだけ客を選別し、食べログに載せないと言ってる以上、マナーとして載せるべきではない。掲載を不快に思う客もいる」
「掲載されない自由はないのか…」

と「掲載すべきでない」と指摘する意見も。また「隠れ家的店も食べログも悪くない。投稿するヤツがバカ」と、客の意識を問う声も多い。

お店の情報を手軽に知ることができたり、評価を確認できたりする点が便利なグルメ情報サイト。だが、あまりに広く普及したことで、もはや“隠れ家”的な店は存在できない世の中になりつつあるということだろうか。
(R25編集部)

「隠れ家」の口コミ掲載 訴訟にはコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

食べログ提訴 表現されない自由は?
食べログ情報 どこまで信用する?
食べログが文学投稿サイトに変身?
「禁止だらけ公園」増加の裏事情
米で“20溝ドル”の賠償請求発生

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP