ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

色っぽ顔もアンニュイ顔も! 「ドファサルメイク」はいろんな私が作れちゃう

DATE:
  • ガジェット通信を≫


目元に赤いカラーを使う「ドファサルメイク」が流行中。でも、目元に赤を持ってくるメイクって難易度高そうな気も…。
というわけで、ヘアメイクの知人に、失敗しない赤シャドウの使いかたを教えてもらいました。
シャドウの入れかたや、メイクのトータルバランスをちょっぴり工夫すれば、色っぽい顔からちょっぴりアンニュイな憂い顔まで作れちゃうらしいんです!

色っぽ顔なら「くの字」+「赤リップ」


上下のまぶた(目尻側)に「くの字」になるように赤シャドウを入れます
赤シャドウを内側に広げすぎると、目が腫れぼったく見える可能性もあるので、シャドウは目尻から黒目の外側あたりまででストップ。
目尻がほんのり赤く染まって、女性らしい色っぽさが出せるんだそう。また、黒のマスカラを塗ると、色の対比で目力もアップ。リップも赤にして統一感を。

アンニュイ顔なら「下まぶた」+「カラーレス」


赤シャドウを下まぶたのみに入れると、抜け感のあるホワンとした表情に見えるそう。
マスカラは茶系をサッとつけ、チークも控えめに、リップもあえて唇の色味を消すようにベージュ系のカラーを選びます。
下まぶたのみに色をつけ、ほかはカラーレスにすることで、アンニュイで憂いのある印象に。
赤シャドウは、指で少しずつなじませていくのがポイント。シャドウを指に取ったら、まずは手の甲で指に取ったシャドウをよくなじませ、その後目元にカラーをのせます。
これを何度か繰り返して色の濃さを調節すれば、失敗なくドファサルメイクが楽しめるとのことですよ。
red-color image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
プルッとした美肌に見せる、チークの入れかた
キレイ肌を叶えてくれる。プロがすすめる新作ファンデまとめ
衝撃! ヘアカラー後のトリートメントで余計に髪が傷むらしい

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP