ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

確定申告で税金が戻ってくる、住宅ローン控除ってどんな制度?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
確定申告で税金が戻ってくる、住宅ローン控除ってどんな制度?(写真:Photodisc / thinkstock)

連載【いつかはマイホーム? 住まいに関わるお金のハナシ】
資金計画、住宅ローン、税金etc. 住まいに関わる「お金のこと」をさまざまな角度から解説する連載です。

2014年分(平成26年)の確定申告期間は、2015年2月16日(月)から3月16日(月)だ。個人事業主の方はもちろん、会社勤めでも住宅購入や転職、出産などで申告をするので、国税庁の発表によれば、申告者数は2100万人を超えるという。国民の5人に1人は申告をしているわけだ。今回は住宅ローンを利用して家を購入した場合に関係する「住宅ローン控除(住宅ローン減税)」について、制度の基本や適用条件などについて説明しよう。年末ローン残高の1%が10年間、所得税から控除される

住宅ローン控除は、年末の住宅ローンの残高の1%が、その年の所得税から10年間控除される制度。給与所得者の場合、所得税は給与から源泉徴収されているため、確定申告を行うことで、すでに納めている税額から戻ってくることになる。

住宅ローン控除の対象になる年末ローン残高には上限が設けられており、入居した年の税制が適用になるため、いつ家を買ったかによって控除される最大の金額は違ってくる。例えば、2014年4月1日以降に入居し、2015年が初めての確定申告となる人の場合、消費税8%で購入していれば控除の対象になる年末ローン残高の上限は4000万円。10年間で最大400万円が控除されることになる。

ただし、戻ってくる所得税の額はその年の納税額が上限。納めた所得税が住宅ローン控除の金額よりも少なく、控除しきれなかった場合は、翌年の住民税からも控除(上限13万6500円)される措置がある。これから家を買うなら、2019年6月までは最大400万円の控除

そのときの経済情勢などによって見直される税制。住宅ローン控除は2015年度の税制改正案に、適用期限の1年半の延長が盛り込まれている。国会での審議で決定されれば、2019年6月末までの入居に最大400万円の住宅ローン控除が適用になる(2015年3月末までに決定予定だが、税制改正大綱どおりに改正されるのが通例)。

【図1】住宅ローン控除の概要。(  )内は認定長期優良住宅または認定低炭素住宅の場合。所得税が控除額よりも少なく、控除額全額を引き切れなかった場合は、住民税から控除される。ただし、住民税からの控除限度額は13万6500円(消費税率が8%の場合)(筆者作成)

【図1】住宅ローン控除の概要。(  )内は認定長期優良住宅または認定低炭素住宅の場合。所得税が控除額よりも少なく、控除額全額を引き切れなかった場合は、住民税から控除される。ただし、住民税からの控除限度額は13万6500円(消費税率が8%の場合)(筆者作成)住宅ローン控除の対象となるローンや物件の条件は?

住宅ローン控除は、返済期間10年以上の住宅ローンを利用することなどの条件がある。注意したいのは、住宅ローン控除の適用期間中に繰り上げ返済等をして、総返済期間が10年を切ると、控除対象ではなくなること。また、親戚や親からの借り入れは適用されない。

なお、マンションや一戸建て(建売住宅、注文住宅)を買ったり建てたりするだけでなく、中古物件の購入やリフォームの場合も適用になる。どのような条件をクリアすればいいのか、住宅の種類別に主な条件をまとめておこう。

【図2】住宅ローン控除を受けるために必要な主な条件(筆者作成)

【図2】住宅ローン控除を受けるために必要な主な条件(筆者作成)

住宅ローン控除は最長で10年間、所得税や住民税を節税することができる。入居の翌年に自分で確定申告をする必要があるので、必要書類などを早めに準備しておきたい。なお、会社員などの給与所得者の場合は、1年目に確定申告を行えば、2年目以降は勤務先の年末調整で控除を受けることができる。分からないことがあれば、最寄りの税務署に問い合わせるといいだろう。
元記事URL http://suumo.jp/journal/2015/02/26/78579/

【住まいに関する関連記事】消費税増税後はどうなる?住宅ローン控除の金額と条件をおさらい
超低金利の今だけど、住宅ローンは金利の低さだけで選ばないで!
2年後にマイホームを買うなら、今からしたい5つのこと
与党が2013年度税制改正大綱を発表。住宅ローン控除は据え置き
消費増税、住宅ローン控除、現金給付… オトクかどうかシミュレーション

住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。