体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

柱も天井もむき出し!? 画期的なリノベーション戸建ての暮らし

柱も天井もむき出し!? 画期的なリノベーション戸建ての暮らし(画像提供:リビタ)

通常、家というのは柱や梁などの”骨組み”の上に、壁や天井を肉付けしてつくられるものですが、そんなセオリーを覆す一風変わった住まいが話題になっています。柱や天井を覆う装飾の一切を排し、”むき出し”になった空間はインパクト十分。しかしながら、なんだか不思議な味わい深さも漂っています。
果たして、その住み心地は如何に? 実際に現地を訪れ、その魅力を探ってみました。住まい手自身が「手を加えて暮らす」楽しみを残す

そのお宅は世田谷区にある一軒家。二子玉川駅からバスで10分の閑静な住宅街に建っています。じつはここ、以前にコチラの記事(http://suumo.jp/journal/2013/05/13/43724/)で紹介した、「中古戸建+リノベーション物件」です。あのときはまだリノベーション工事前の状態でしたが、その後、無事に工事も終了し、すでに入居もされたとのことなので訪問してみることにしました。

というわけで、さっそく家の中をご覧ください。

【画像1】中古戸建をリノベーションしたDさん邸。一般的な住まいの内装とは一線を画す、個性的なたたずまいです(画像提供:リビタ)

【画像1】中古戸建をリノベーションしたDさん邸。一般的な住まいの内装とは一線を画す、個性的なたたずまいです(画像提供:リビタ)

ご覧のように、住宅に本来あるべき壁紙や天井、ドアなどが見受けられず……。壁はほとんどが下地材などに使われる構造用合板で囲われたのみで、クロスなどは張られていません。梁や柱もむき出しです。
一見、未完成なようにも思えるのですが、不思議と味わい深く、なんとも心地よい空間でした。

じつはこれこそ、この家の最大の特徴。内装を最小限の施工にとどめているのは、住まい手が暮らしながらアレコレ手を加えられる余地を残すためなんだそうです。つまり、暮らしながら自分たちらしくアレンジできるよう、あえて「余白」を残しているわけですね。

ただ、余白を残すといっても、例えば壁の合板には木目が透ける程度に白い塗料を塗るなど、必要な仕上げはなされており、断じて手抜きというわけではありません。むしろ、間取りなどはスペースを効率よく使うための工夫が随所になされていて、6層のスキップフロアでひと続きになった空間は開放感抜群。断熱改修も行っていて、下の階層から上の階層まで暖かい空気がめぐるため、暖房器具ひとつで家中が暖かい! 間取りひとつ工夫するだけで、こんなにもエネルギー効率の良い住まいになるんですね。Dさん夫妻の「余白の楽しみ方」

では、入居者の方はどのように「余白」を楽しんでいるのかというと……

【画像2】玄関の壁にボルダリングのホールドを取り付け、いつでもトレーニングができるようにしたり(画像提供:リビタ)

【画像2】玄関の壁にボルダリングのホールドを取り付け、いつでもトレーニングができるようにしたり(画像提供:リビタ)

【画像3】梁にハンモックを吊るしたり(写真撮影:榎並紀行)

【画像3】梁にハンモックを吊るしたり(写真撮影:榎並紀行)

【画像4】趣味のアウトドア用品を収納する金具やパイプを設置したり……(画像提供:リビタ)
1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会