ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国軍 「デブは昇進ダメ」規定で習近平氏・毛沢東孫に注目

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 中国人民解放軍は新たな兵員募集要項や幹部の昇格規定を発表し、「今後は厳格な体重の基準の設ける」などとして、肥満が新兵採用や昇進に影響があることを明確化した。このため、インターネット上では、顕著な肥満体で有名な、毛沢東の孫の毛新宇・少将や習近平・中央軍事委主席の名前があがり、格好の笑い話のタネになっている。

 軍機関紙「解放軍報」(電子版)によると、この規定は軍の四総部(総参謀部、総政治部、総後勤部、総装備部)が昨年末、2020年までの中国軍5か年計画として、合同で立案、発表したもので、もともとは軍事訓練の注意事項として提案されていた。

 それが、採用や昇進の基準となったのは、最近の大卒などの新兵の肥満度が高いことが原因。また、幹部も兵士の先頭に立って軍事作戦を指揮しなければならず、肥満体だと兵士の士気にも影響すると判断したという。

 規定では明確な体重制限などは記載されていないが、「2020年までに95パーセントの兵士たちが標準体重であることが望ましい」としている。軍では標準体重の基準として、身長からみた体重の割合を示す体格指数(BMI)を重視するという。

 この規定が発表されると、ネット上では、毛新宇氏の体重を心配するコメントが溢れた。

 毛新宇氏は現在45歳で毛沢東主席の孫として有名だ。現職は軍事科学院戦争理論戦略研究部副部長で階級は少将。中華全国青年連合会常務委員、中国人民政治協商会議全国委員も兼任している。

 さすがに、毛沢東主席の直系だけにエリートコースを邁進しているのだが、今回の規定が厳格に適用されれば、今後の昇進に影響が出る可能性も出てくる。

 ネット上では「規定は明らかに毛新宇氏を狙い打ちしている!」「明らかなイジメだ」「毛沢東の孫でも、昇格の見込みはないのか!?」──などの書き込みが見られた。

 毛新宇氏と同様、もう一人の最高幹部にも話題が集中。それは、誰あろう、中央軍事委主席を兼ねている習近平・国家主席だ。2人とも100kgは優に超えており、体型的には明らかな肥満体だけに、「習近平主席は大丈夫?」とか、「2人は例外だよね」などという2人の肥満体型を茶化した書き込みもみられている。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
毛沢東主席の唯一の孫、毛新宇氏は中国初の人工授精児だった
ネパール共産党毛沢東主義派の18歳女性兵士を追いかけた本
毛沢東生誕120周年で 2500億円予算 ネット上では非難の声も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP